データの作り方|ポスター印刷のプリオ

よくあるご質問 お問い合わせ
問い合わせ先
自動見積もり 用紙サンプル請求

16時までのご注文とご入稿で最短発送

最短発送日

締切延長オプション

×

どうにか期日までに印刷したいお客様は下記ご確認ください。

  • お客様のご注文内容
  • 当日のプリオ混雑状況 次第ですが、

有料オプションで間に合うかも・・・!?

▼入稿締切延長オプション・・・2,000円(税込2,200円)/30分単位
▼店頭引取時間指定オプション・・・2,000円(税込2,200円)
▼等身大パネル用カットライン作成当日対応・・・3,000円(税込3,300円)/データ

一度詳細をお問い合わせください。

TEL:03-6667-0121
営業時間:10:00~19:00(年中無休)

最短発送受付の締め切り

データの作り方データの作り方

完全データ入稿

プリオで修正や編集の必要がないデータでご入稿ください。

入稿対応データ

.pdf / .ai / .psd / .psb / .eps / .jpg / .jpeg /
.png / .bmp / .gif / .tif

Microsoft Officeソフト(PowerPoint、Word、Excel)で作成したデータは必ずPDFで保存してご入稿ください。

入稿対応データ

PDFデータを推奨

プリオでは印刷トラブルが起こりにくいPDF(.pdf)形式のデータを推奨しています。
※等身大パネル、大判ステッカーのカットデータはaiデータでご入稿ください。

PDFデータ入稿がおススメな理由

入稿データの注意点

縦横比率が
合わない場合

ご注文サイズになるように、プリオでトリミング・余白追加などの調整をして印刷を行います。ご希望の仕上がりがある場合には、ご注文時の連絡事項欄に具体的にご指示ください。(例:おまかせ、余白なし、左右均等にカット、人物メインでトリミング、比率を変えて引き延ばしOKなど)

トリミングツールをお使いいただくと簡単にご希望のカット指示が入った見本データが作成できます。

注文したサイズ
トリミング
印刷したいデータ
印刷したいデータ

■データ調整の例

トリミング
トリミング
余白追加
余白追加
縦横比率を崩す
縦横比率を崩す
画質

プリオでは画質の出荷基準(1ドット1mm未満)を設けています。この基準内に収まる画質は印刷・ご納品いたします。基準を超える場合のみ印刷前にご連絡いたします。

画質確認方法

PDFデータの拡大後の画質確認方法

ピクセルについて

ピクセルについて ピクセルについて

画像はピクセル(四角いドット)が集まって構成されています。
このピクセルの一辺が1mm以上だった場合、『画像が粗い』と判断しご連絡させていただきます。

不要なデータ、
レイヤー、
余白は削除
印刷するデータを間違えてしまったり、不要な情報を印刷してしまう恐れがある為、印刷に必要なデータのみご入稿ください。
「入稿データに含まれる余白=必要な余白」と判断いたします。
カット位置ギリギリの
レイアウトは避ける

カット位置が数mmずれる場合があります。大事な情報はカット位置から余裕をもってレイアウトしてください。フレーム加工やハトメ加工をする場合は、必要な情報に加工がかからないように位置をご調整ください。

フレーム加工について

ハトメ加工について

■カット位置から、内側3mm以内に文字やロゴを入れないでください。

カット位置から3mm以内には入れない。

■飾り枠をつける場合は、塗足し2mm以上・カット位置から内側5mm以上つけてください。

カット位置から5mm以上つける。
1つのデータに
1デザイン
複数ページあるPDFデータは1ページ目のみ印刷いたします。
.ai / .psdデータは表示されているレイヤーのみ印刷いたします。
データ名のつけ方

同じ名前のデータは上書きされてしまうため、データごとに異なる名前を付けてください。
アスタリスク「*」はデータ名が文字化けしてしまうため使用しないでください。

オススメオススメ

サイズや印刷内訳をデータ名に含めると印刷間違いを避けられます。
(例:a2マット紙ポスター3枚.pdf)

拡張子は忘れずに

拡張子のないデータは開くことができません。データ名を変更する場合や、拡張子が非表示になっている場合はご注意ください。特にzipフォルダの名前を変更する場合に消してしまうケースが多発しています。

拡張子の注意点

出力見本の入稿を
推奨

見本と分かるデータ名(例:mihon.jpg)をつけたスクリーンショットを一緒にご入稿ください。

スクリーンショットの撮り方

ご入稿データの形式・
作成ソフトをお選びください

写真・画像・イラストデータを入稿される方

カラーモード

カラーモードはCMYKモードでもRGBモードでもOKです。最新のデジタル処理でRGBカラーをキレイに発色させることができるようになりました。

カラーモードについて

サイズ デジカメやスマホで撮った写真は紙の規格サイズと縦横比率が異なるため、入稿データとご注文サイズが合わないトラブルが多発しています。
ご注文サイズになるように、プリオでトリミング・余白追加などの調整をして印刷を行います。ご希望の仕上がりがある場合にはご注文時の連絡事項欄に具体的にご指示ください。(例:おまかせ、余白なし、左右均等にカット、人物メインでトリミング、比率を変えて引き延ばしOKなど)

自分でトリミング位置を決められる

トリミングツール

トリミングツールの使い方はコチラ

よくあるトラブルと解決方法よくあるトラブルと解決方法

Illustratorでデータを作成される方

カラーモード カラーモードはCMYKモードでもRGBモードでもOKです。最新のデジタル処理でRGBカラーをキレイに発色させることができるようになりました。
CMYKモードにRGB画像をリンク配置してもCMYKモードで印刷されますのでご注意ください。
RGB印刷について
カラー設定

プリオの印刷のカラー設定に合わせていただくことで、印刷物との色味の差を最小限に抑えることができます。

プリオのカラー設定

[編集]>[カラー設定] RGB:Adobe RGB(1998) / CMYK:Japan Color 2001 Coated

カラープロファイル設定方法

解像度

適正解像度は、原寸サイズの状態で200~250dpiです。解像度が低いと画像が粗く出力され、高すぎると印刷トラブルになります。データ容量が1GBを超える場合は使用している画像の解像度が必要以上に高くなっていないかご確認ください。

解像度について

塗り足し 出力データには必ず塗り足しを天地左右2mmずつ付けてください。塗り足しがない場合、余白が出て仕上がる場合がございます。
トリムマーク カット位置はトリムマーク(トンボ)でご指示ください。実線の場合印刷されます。
アートボード

トリムマークや塗り足しまで含めたサイズでアートボードを作成してください。PDFに保存する際もアートボード内が保存の範囲となります。

トリムマークもアートボードに含める。
面付 面付はしないでください。1つのデータに1つのデザインで作成してください。
文字

文字はすべてアウトライン化してください。

文字のアウトライン化について

画像の配置

画像の配置方法はリンク配置、埋め込み配置どちらでも対応可能です。
リンク配置の場合は、リンク画像も一緒にご入稿ください。

リンク配置、埋め込み配置について

特殊効果、
画像トレース

ドロップシャドウ、透明、ぼかし、フィルター、エンベロープ、パターン、光彩などの特殊効果は不要な線が入ったり正しく再現できない場合があります。また、パスが複雑な場合は印刷ができない場合があります。機能の拡張やアピアランスの分割、ラスタライズした状態でご入稿ください。

ラスタライズについて

特色
オーバープリント
特色の使用や、オーバープリントの設定をしている場合は意図しない仕上がりになることがあるため使用しないでください。

詳しくはよくあるトラブルと解決方法をご確認ください。

カットライン

等身大パネル・大判ステッカーのカットラインデータは、カットラインレイヤーを作成して印刷用のレイヤーと分けてください。

等身大パネルのカットラインの作り方

大判ステッカーのカットラインの作り方

PDF互換ファイル

データ保存時に「PDF互換ファイルを作成」にチェックを入れてください。保存データにpdfデータが含まれるため、未アウトライン化の文字やリンク切れがあった場合にPDF互換ファイルを使用します。

PDF互換ファイルについて

自分でデータチェックができる

クイックチェックシステム

クイックチェックシステムの使い方はコチラ

Illustratorテンプレート

よくあるトラブルと解決方法よくあるトラブルと解決方法

Photoshopでデータを作成される方

解像度 適正解像度は、原寸サイズの状態で200~250dpiです。解像度が低いと画像が粗く出力され、高すぎると印刷トラブルになります。データ容量が1GBを超える場合は解像度が必要以上に高くなっていないかご確認ください。
カラーモード

カラーモードはCMYKモードでもRGBモードでもOKです。最新のデジタル処理でRGBカラーをキレイに発色させることができるようになりました。

RGB印刷について

カラー設定

プリオの印刷のカラー設定に合わせていただくことで、印刷物との色味の差を最小限に抑えることができます。

プリオのカラー設定

[編集]>[カラー設定] RGB:Adobe RGB(1998) / CMYK:Japan Color 2001 Coated

カラープロファイル設定方法

塗り足し 出力データには必ず塗り足しを天地左右2mmずつ付けてください。
(例:仕上がりがA1サイズの場合 594+4mm×841+4mmのサイズで作成・入稿。)
塗り足しがない場合、余白が出て仕上がる場合がございます。
レイヤー 非表示レイヤー・アルファチャンネルは削除し、全てのレイヤーを結合してください。フォントがラスタライズされていない場合や透明効果などのトラブル予防になります。レイヤーが結合されていないとデータが重くなる原因にもなります。
(実例:統合前750MB→統合後48MB)
統合してもクオリティは変わらないのでご安心ください。
トリムマーク フォトショップではトリムマーク(トンボ)をつけられないので必要ありません。データの中心を基準に、ご注文時に入力頂いた仕上がりサイズで仕上げます。印刷されてしまうため実線で仕上がり位置を示さないでください。

よくあるトラブルと解決方法よくあるトラブルと解決方法

Office系ソフトでデータを作成される方

サイズ 新規作成時に必ずサイズを設定してください。ソフトによって作成可能な最大サイズが異なります。印刷サイズがデータ作成可能サイズを超える場合は、縮尺サイズでデータをお作りください。ただし拡大するほど荒れる可能性が高くなるので、なるべく大きく作成してください。
  • ■Word・Excel A2サイズ~B0サイズを印刷したい場合は「420×297mm」で作成してください。
  • ■PowerPoint A0サイズ、B1サイズまで原寸で作成可能です。B0サイズをご注文される場合はB1サイズで作成してください。

他のサイズの場合は縦横比率が合うサイズに設定してください。プリオで等倍拡大して印刷いたします。PowerPointでデータ作成される場合は、プリオのテンプレートをご利用いただくと便利です。

プリオのテンプレート

紙のサイズ一覧

サイズ設定の方法

クリックで画像を拡大してご確認いただけます。

不要な余白

pdfに表示されている余白は必要な余白と判断します。ご自身での削除が難しい場合はご注文時の連絡事項欄に「余白不要」とご入力ください。

pdfに含まれる範囲

フォント pdfに保存する際にフォントを埋め込んでください。フリーフォントは埋め込みができず文字化けする場合がありますので使用を避けてください。
特殊効果 透明効果、ドロップシャドウ、パターン、グラデーション、ワードアートなどの特殊効果は正しく再現できない場合があるので使用を控えてください。
保存形式 必ずpdfに保存してください。 .doc / .docx / .xls / .xlsx / .ppt / .pptx などのオフィスソフトの形式は再入稿対象です。

PowerPointテンプレート

データの作り方

よくあるトラブルと解決方法よくあるトラブルと解決方法

信頼される理由 スタッフ紹介 印刷事例 すぐ使えるフリー素材 株式会社オーレ
twitter instagram tiktok facebook youtube