2017.04.22Adobe Illustrator , データの作り方

【データ作成】リンクと埋め込みについて

View 1,687
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!データ担当の石岡です。

今回は写真や画像データのリンクと埋め込みの違いについて

ご紹介したいと思います。

写真や画像データを配置するときはリンク配置埋め込み配置の2種類の配置方法があります。

 

リンク配置別に保存された写真(画像)データとリンク情報だけをIllustratorに配置します。

使いやすいところ
・Illustratorに配置されるデータ容量を少なく抑えることができる。
・元の写真を修整すればIllustratorでも反映される。

使いにくいところ
 ・元の写真のファイル名や保存先を変更すると、リンク切れを起こす。
・リンク切れを起こした状態で出力をすると、画像が表示されない。

埋め込み配置写真のデータをそのままIllustratorに埋め込んで配置します。

使いやすいところ
 ・元の写真データが存在していなくても出力される

使いにくいところ
 ・写真データをそのまま埋め込むため、データ容量が増える。
・元の写真を修整しても、Illustratorでは反映されない。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イラストレーターでご入稿の際は、リンクを埋め込んで頂くか、リンクデータの入稿し忘れに気を付けて下さいね!

 

 

~データ入稿の際のリンク画像について~

Illustrator リンク機能① ~不備のないデータで入稿しよう!リンク配置~

Illustrator リンク機能② ~不備のないデータで入稿しよう!埋め込み配置~

Illustrator リンク機能③ ~リンクと埋め込みどっちがいいの?~

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加