2017.09.28初めての方へ

フラスタパネルについて(よくある質問編)

View 23,362
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フラスタ_プリオ

今回の記事では、フラスタパネルの制作において
よくある質問についてお答えします!※2019/02/05更新

 

入稿データ形式は何が良いですか?

カットラインをパスで引いて作成することができる方は、
illustratorデータにてご入稿下さい。

カットラインを作成する際のコツ、注意点は以下ページにて。

 

パスでカットラインを引けない方は、

.ai (オススメ)/ .psd (オススメ)/ .pdf (オススメ)/ .psb / .eps / .jpg / .png / .gif / .tif / .bmp

お手持ちのデータが上記拡張子であればOKです。

 

各形式の特徴をまとめたページはこちら。

 

解像度はいくつあれば大丈夫ですか?

画像解像度_フラスタ参考

※クリックで大きい画像が表示されます※

推奨は200~250dpiです。※A2以下のサイズも同様です。
手持ちのデータの解像度がわからない場合は、お問合せくださいね。
出力基準を満たす解像度かどうか、スタッフがチェックいたします。

チェック方法と数値の早見はこちら。

※dpiとppiは厳密には異なる単位ですが、250dpi=250ppiと考えても問題ありません※

 

お値段はどのくらいですか?

プリオではタテ×ヨコの面積で価格を算出しています。

サイズ / 仕上がり点数 / 用紙の種類 / パネルの種類 / ラミネートの有無 / スタンドの有無 / 保証の有無 / 受け取り(配送)方法

 

上記の内容によって価格は変わってきます。
ホームページ右上にある、【自動見積り】をご利用ください。

 

また、仕上がりが角が90度の四角形ではなく、
角丸にしたり、イラストに沿って曲線でカットを希望する場合は【等身大パネル】をご選択ください。

等身大は、用紙+パネル+曲線カットがセットになったコースなのです。

 

小さなパネルをご注文いただくと、驚くほど低価格で表示されますが
自動見積もりに間違いはございませんのでご安心ください。

※【最低注文金額】を下回る場合ご注文いただけませんので、
サイズアップや枚数増加、加工追加をご検討ください。

 

オススメの用紙・加工は何でしょうか?

とっても多いご質問です!

過去ご注文いただいた内容から、集計を取ってみました。

 

第1位 マット紙+発泡パネル

・最も低価格
・マット調で落ち着いた印象
・ベタ塗り◎

 

第2位 耐水紙+発泡パネル

・耐水性抜群(色あせや水分に強い)
・半光沢でうっすらパール調

 

第3位 光沢紙+発泡パネル

・二番目に低価格
・ツヤあり
・色のメリハリ◎

 

イラストの雰囲気や、利用状況に合わせてご参考ください。
また、ラミネートには以下のような違いがあります。

 

●UVマットラミネート加工

・UVカット率87%
・印刷面の光沢を抑える(写真撮影時フラッシュや照明に影響を受けにくい)

●UVグロスラミネート加工

・UVカット率48%
・印刷面に光沢感を出す

 

納期はどのくらいかかりますか?

・カットラインを作成してご入稿いただいた場合
最短で、当日発送 or 当日店頭お渡しが可能です。

 

・カットラインの作成をご依頼いただく場合
中1日、カットライン作成にお日にちをいただきます。
最短で翌日発送 or 翌日店頭お渡しが可能です。

また、パネルの枚数が多い場合は作成に数日いただく場合がございますのでご注意下さい。

 

より詳しいご説明は、こちら!

どうやって注文したらいいですか?

ご注文は、プリオホームページからのみとなっております。
お電話やFAX、店頭にお越しいただいてのご注文はお受けできませんので、ご注意ください。

 

1から注文方法を解説しているページは、以下になります。

お花屋さんへ直送できますか?

お花屋さんへの直送は可能です!

ご注文のお手続きの際に配送先をご入力いただけます。

お花屋さんの住所、電話番号、担当者様のお名前をご入力ください。

配送伝票番号(追跡番号)を教えてくれますか?

可能でございます。

全てのお客様へ配送業者と配送伝票番号をご連絡しておりますので特別ご指示はいただかなくて結構です。

商品を出荷した際にメールでご連絡しております。

過去の制作例はこちら!


随時更新していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加