2016.11.30印刷豆知識

等身大パネルのカットラインの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Adobe Illustratorでのカットラインの作り方

こんにちはデータチェックを担当しております岡です。

大判出力センターのプリオでは、「等身大パネル」の商品をご購入いただく事で、「曲線カット」や自由曲線の「フリーカット」が行えます。

お客様からのお問い合わせでこの「曲線カットに関する注意点」についてよく聞かれます。
今回は、その注意点について以下にご紹介しておきます。

1)カットラインの作成はAdobe Illustratorで作成

当社のカット機はAdobe Illustratorで作られたパスを機械が読み込みカットします。
その為、手書きで書いたカットラインやAdobe Illustrator以外のソフトで作成された曲線カットのカットラインは使用できません。(※)
※Adobe Illustratorをお持ちで無い方は購入時の「オプション」の項目から「カットライン作成」をお選びいただければ、当社でカットラインを作成します。

【クリックで画像拡大】

%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3-02

2)カットラインは滑らかなカーブを描くように作成

直角のカットラインよりも、滑らかなカーブを描くようにカットラインを作成してもらった方が切り口が綺麗になります。
カーブは直径10mm以上の大きさになるように描いてもらうとより綺麗になります。(画像参照)

【クリックで画像拡大】

%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3-01

 

3)アンカーポイントは少なめを意識して作成

カットラインを「選択ツール」で選択してもらうと出てくる小さい粒のようなポイントが「アンカーポイント」です。
このポイントが多すぎるとカット断面が綺麗にならない事が多いです。
できる限り少なくできるように意識しましょう。(画像参照)

【クリックで画像拡大】

%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3-03

4)どの線がカットラインか分かるように指示をお願いします

パスの線が多すぎてどの線でカットして良いか判断が付きにくい場合があります。
「カットライン」というレイヤーを作って区別をしてもらえると直ぐに判断が付きます。

【クリックで画像拡大】

%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3-04

5)細すぎる形状は折れます!

実際にカットし終えた後の仕上がり幅が5mmしか無いとか、繋ぎ目の形状が細すぎるなどの場合、お客様の元に運搬中にパネルごと折れる可能性があります。
細すぎる形状の部分は最低でも50mm~60mm以上は保つようにカットラインを作成すると折れる心配はありません。(※)
(※重量がかかる部分の場合はもっと幅が必要になる事があります。)

以上ご紹介でした。

その他でもご不明点などございましたらお気軽にお電話、メールなどでお問い合わせいただけましたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)