2018.09.03データの作り方 , プリオの使い方

RGB印刷って?RGBとCMYKって何が違うの?

View 3,515
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぎもんこんにちは!
データ処理チームのペリ子です。
 
写真家様やイラストレーター様に大好評のRGBカラー印刷

これからも沢山のお客様に安心してご注文いただきたいので
改めてRGBとCMYKについてご説明したいと思います。

RGBとCMYKは色の色をあらわす方法の名前です。

R レッド
G グリーン
B ブルー
 

C シアン
M マゼンタ
Y イエロー
K キープレート(黒)

それぞれの色の頭文字です。

【RGBは光の三原色】です。
テレビやPCモニター、スマホの画面等、光で表現される色です。
 
【CMYKは印刷するインクの基本となる色】です。
家庭で使用されているプリンターでも、このCMYKが基本となっています。
 
光で表現する色と、4色のインクで表現する色とでは
表現できる色の幅が大きく異なります。光の方がとっても表現の幅が広いのです。


この画像は、RGBデータをそのままCMYKに変換した場合の色です。
RGBのデータをそのまま印刷するとこんなに色が変わってしまうのです!

かなしい「モニターと印刷物の色が全然違うっ!」

と言うがっかり感は、データを作成した際のカラーモードの違いによって起きているんですね。
 
特にペイント系ソフトで描いたイラストや、デジカメ・スマホで撮った写真、
オフィス系ソフトで作成されたデータは、基本的にRGBカラーですので
それらをそのまま、CMYKのインクで印刷することで、色が変わってしまうのです。

 

RGBカラーモードのデータでも鮮やかに印刷できます!

プリオでは、RGBカラーのデータを、最新のデジタル処理でCMYKカラーに変換し、
モニターにより近い色味で出力する事が可能でございます。
 
お客様はRGBデータのまま入稿するだけでOK!
安心してご入稿ください。

ぷりにゃん

イラストや写真に限らず、飲食店のポスターや看板なども、
鮮やかな色味で出力ができますのでおススメですよ!
 

用紙や出力インクによって、発色に差が出ますので
「色味にこだわりたい!」という方は、お気軽にご相談くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加