2020.10.03データの作り方 , プリオの使い方

【カラーモードとは】CMYKとRGBの違いは?

View 5,385

ぎもんこんにちは!
データ処理チームのペリ子です。
 
写真家様やイラストレーター様に大好評のRGBカラー印刷

これからも沢山のお客様に安心してご注文いただきたいので
改めてカラーモードとRGBとCMYKについてご説明したいと思います。

カラーモードとは

カラーモードとは色の表現方法のことです。

CMYKカラーRGBカラーがございます。

印刷物の多くはCMYKカラーで印刷されます。

CMYKとは

CMYKは印刷するインクの基本となる色です。
家庭で使用されているプリンターでも、このCMYKが基本となっています。

 

 

Cyan(シアン)

Magenta(マゼンタ)

Yellow(イエロー)

Key plate(ブラック)

 

 

 

シアン、マゼンタ、イエローの3色で様々な色を表現します。

Kは黒のことです。

 

絵の具はいろんな色を混ぜていくと暗く濁った色になっていきますよね。

CMYKも色を多く、濃く混ぜていくと最終的には黒になります。

RGBとは

RGBは光の三原色です。
テレビやPCモニター、スマホの画面などで表現される色です。

 

 

Red(赤)

Green(緑)

Blue(青)
 

 

 

 

赤、緑、青の3色で様々な色を表現します。

光の三原色なので3色を合わせると白になります。

CMYKとRGBの違いは?

光で表現する色と、4色のインクで表現する色とでは表現できる色の幅が大きく異なります。

光の方がとっても表現の幅が広いのです。

この画像はRGBデータをCMYKに変換した際の色の変化を表しています。

RGBのデータをそのままCMYK印刷するとくすんだような色に変わってしまうのです!

 

 

CMYK印刷のみ対応している印刷所へRGBカラーのデータを入稿するとかなしい

「モニターと印刷物の色が全然違うっ!」

と言うがっかりな結果になってしまうことも…。

 

特にペイント系ソフトで描いたイラストや、デジカメ・スマホで撮った写真、
オフィス系ソフト(Excel、Word、PowerPoint)で作成されたデータは、基本的にRGBカラーです。

印刷を依頼する場合はRGBデータに対応しているかを確認いただくことをお勧めいたします。

特に蛍光色のような明るい色はCMYKで印刷することで大きく色が変化してしまいます。

 

CMYKは落ち着いた色合いに仕上がります。

なによりCMYKデータの方が印刷した際の色の変化が出づらいです。

 

プリオはRGBカラーのデータも印刷できます!

プリオではRGBカラーのデータを最新のデジタル処理でCMYKカラーに変換し、
モニターにより近い色味で出力する事が可能です。

お客様はRGBデータのまま入稿するだけでOK!

 

 

とにかく明るい印象に仕上げたい場合はRGBで、

よりデータの色と印刷した色の変化を少なくしたい場合はCMYK

データをご用意ください。

 

▼カラーモードの混在には要注意!▼

思う通りのカラーモードのデータを作成できるよう下記ブログも是非ご覧ください。

 

大判印刷のご注文はこちらから!