2018.12.19データの作り方 , プリオの使い方

RGBカラーのデータも鮮やかに印刷できます!

View 1,720

こんにちは!データ処理チームのペリ子です。

  
「ドローイングソフトで描いたデータを入稿したら、くすんだ色で仕上がってきた・・・」
 
こんな経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
その原因はデータ(RGB)と出力(CMYK)のカラーモードの違いかもしれません。
  

プリオではRGBカラーで作られたデータは、なるべくその色味に近くなる用に
特殊なデジタル処理をしてから出力をしています。
 
今回はイラストレータ様からも大好評のRGBカラー出力について、情報をまとめました!

RGBカラー出力について

基本情報

価格:無料

作業日程:通常通り

必要なもの:RGBのカラーモードに設定された入稿データ。
        ※複数のソフト・データを使う場合、カラーモードの混在に注意!

注文方法:特になし。RGBカラーモードのデータを入稿するだけ!

おススメの用紙:用紙によって発色に違いがあります。
        イラストでしたら光沢紙、パールフォト紙、布ポスターが人気です。

ご利用頂いたお客様の声

RGBでの入稿が可能となってから印刷の鮮やかさが更に上がり、
モニターで見た通りの仕上がりとなりポスターが届く度に「うわぁ」とテンションも上がります。
当方はイベントで飾るポスターをお願いすることが多いのですが
特に難しい肌の発色が本当に素晴らし
いです。
 

色味が綺麗で、出したいカラーがそのまま出ていました。
 

届いた品が綺麗で、発色が理想通りでした。

  
とても綺麗な印刷と丁寧な梱包をしていただきました。
おかげさまで、お届け先のお客様に「データよりも実物で見るともっと良いです!」と、
とても喜んでいただけました。

 
望んでいる色合いを再現いただき、ありがとうございます。

いつも満足しております。

RGBカラーのデータ出力に関するブログ


プリオは年末年始も休まず、365日営業しています! 

お電話なら10時~19時でしたらお待たせしません。
メールやお問い合わせフォームからは24時間以内に必ずご回答いたします。

 
お気軽にご相談くださいね!

 

ご注文はこちらから!