2017.07.14印刷事例 , 展覧会・写真展

猫写真家 上村雄高 写真展『Call my name 原発被災地の犬猫たち』@渋谷ギャラリールデコ ~印刷事例125~

プリオの写真印刷は 写真屋さんや、カメラマンさんからも綺麗な仕上がりとのお言葉を頂いております。
 印刷事例その125ではプロの写真家様のご協力の元、写真印刷の印刷事例をご紹介してまいります。

今回印刷事例にご協力頂いたのは

猫写真家の上村雄高様です。
現在、渋谷のギャラリールデコで開催されている 猫の合同写真展「ねこ専」 にて
『Call my name 原発被災地の犬猫たち』を展示されています。
こちらの展示の印刷をプリオにご依頼いただきました。
 
 【展示の様子】※クリックすると大きく表示されます。
  

印刷仕様

用 紙:パールフォト紙 ・・・表面が半光沢のため、光沢紙に比べ表面のツヤが落ち着いています。
               世界中のプロ写真家が愛用している、写真プリントに最適な高級用紙。

サイズ:A1、A2、B2

  
今回はRGBカラー印刷で仕上げております。ポスター印刷のプリオでは、特殊なデジタル処理で、よりRGBカラーの画面表示に近い印刷が可能となっております!

 

■ご感想を頂きました■

今回以前も御社プリントを使わせていただいておりますが、色再現の正確さに大満足しております。
納期の早さやパールフォト紙をラインナップされている点も、御社を選らばせていただいている理由です。

 
パールフォト紙はプリオでもこだわりを持ってラインナップに追加した用紙ですので
プロの写真家様にこの様なお言葉を頂けて大変光栄でございます!
これからも自信を持ってご提供してまいります。

 

猫写真家 上村雄高 様について

猫写真家 上村雄高(かみむらゆたか)
ブログURL: http://nekotoru.com/299/
 
◆上村様からのメッセージ◆
私は猫写真家です。その活動のひとつに福島の原発被災地に残された犬猫の撮影があります。

普段は、ブログやSNSで、そして年に何度か写真展を開催し、現地の様子を伝えております。
原発ときくと暗いイメージを抱き敬遠されがちですが、
そこで生きる犬猫たちは私たちの家族である犬猫と、な
にも変わらぬ存在です。
そして、被災された人たちもまた私たちと同じ人です。

現地で生きる犬猫の姿を通して、ひとりでも多くの方に被災地に目を向けていただけたらと思っています。

 
今回のプリントを展示しているのは、下記の展示会です。

猫の合同写真展「ねこ専」

期間:2017年7月4日~7月16日
時間:11:00~19:00
  :11:00~17:00(7/16)
休み:7/10(月)
会場:ギャラリールデコ 3~4F 受付4F
入場:300円


上村様、お忙しい中印刷事例紹介へのご協力誠にありがとうございました。
データ処理チーム ペリ子でした。
 
ブログを拝見させていただきました。
被災地に残された犬猫さんたちの人を待ってる様子や
ボランティアの方々はたらき、復興に向けての問題・・・とても胸が痛くなりました。
展示は16日まで開催中されておりますので、是非皆さん足を運んでみてはいかがでしょうか。