2020.01.03Adobe Illustrator , PDF , データの作り方

PDFデータ入稿がおススメな理由

View 685
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはデータ処理チームの岡です。

プリオではPDF形式でのデータ入稿をお勧めしております。

入稿データに関するお問い合わせで、よくお客様から 「イラストレーター(Ai)のデータの方が安心」 「PDFデータを入稿データとして扱った事が無いので不安」 と言ったお声をいただきます。 お客様のお声の通り、今までご入稿経験のある方はフォトショップやイラストレーターファイルでの入稿の方が慣れている方も多いと思います。

しかし、慣れている入稿方法よりもPDFでご入稿いただく方が実は、より簡単でエラーが少ない状態でご入稿できます

★PDFデータはここがスゴイ★

データ点数が少なくて済む

Illustratorでデータを作成いただいた場合、たくさんの画像データを配置した際はリンクファイルも一緒にご入稿する必要があります。
そうなるとデータ点数が多く、ファイル管理が大変です。

PDFに変換していただけましたらPDFデータのみのご入稿でOK! 
リンクデータの入稿もれの心配はありません。

イラストレーターデータ特有のエラーが無い

 イラストレーターデータは言わば編集用データです。
その為、「リンク切れ」「フォントのアウトラインがかかって無い」などの編集時の作業データが残ってしまうとエラーが発生します。
PDFデータは完成データですので、そういったエラーが発生しません。
 

専用ソフトが無くても閲覧可能

フォトショップやイラストレーターファイルは閲覧する為に専用のソフトが必要ですが、PDFデータはどのPCでも簡単に閲覧できてご自身で仕上がりイメージを確認できます。

 

 

以上3点が入稿データとして代表的なスゴイいところです。

保存方法も「別名で保存」で【PDF形式】を選ぶだけという簡単さ。

もちろん従来通りのフォトショップやイラストレーターファイルでのご入稿も受け付けておりますのでご安心ください。

お客様が実際にデータを作成してみて、扱いやすいデータ形式を選んでいただけますと幸いです。

データにご不安がある方は是非一度お問い合わせください。 私供データ処理の担当がデータの作成方法についてご案内致します。 お気軽にご相談くださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加