2020.01.06印刷事例

等身大パネルで一味違う飾りつけ!竹村デザインアンドプランニング様~印刷事例299~

View 124
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プリオでは、曲線カットやくり抜きのあるパネル等身大パネル という商品にて販売しております。

他の商品同様に、規格サイズだけでなく
ご希望のサイズに合わせて自由な大きさでお作りすることが可能です。

今回はフードイベントの受付にご利用いただいた、
等身大パネル パネル印刷 を組み合わせた印刷事例のご紹介です。

印刷事例299

印刷事例299では、高知県で企画・デザインを手がけられている、
竹村デザインアンドプランニング様にご協力いただきました。

今回ご提供いただいたお写真は、高知県高知市の大人気フードイベント
「おやつ神社2019」の受付の様子です。

開催日時:2019年10月19日(土)~20日(日)
2日間の開催でした。

ご利用の様子

おやつ神社パネル おやつ神社パネル2

イラスト:オビカカズミ様

プリオご利用の感想をお聞きしました

*今回のご用途は?

「おやつ神社」高知市で開催されているイベントです。
看板は入り口受付で使用するために今回はじめて製造したものですね。

*プリオでの印刷のご感想は?

安くて使いやすいのと、仕上がりが綺麗なので安心です。

うれしいご感想をありがとうございました。
サイズの大きな印刷加工物はプリオの得意分野でございます!
またイベントがございましたら、ぜひお任せください。

印刷仕様

等身大パネル / カウンター上部のくり抜きのあるパネル
用紙:耐水紙(半光沢)
サイズ:900㎜×1800㎜
加工:2つ折り

パネル印刷 / カウンター下部の四角いパネル
用紙:耐水紙(半光沢)
サイズ:900㎜×1800㎜
加工:2つ折り

制作のポイント

竹村デザインアンドプランニング様について

竹村デザインアンドプランニング

できることは、地元目線のデザインと編集、そして活版印刷。

タケムラデザインアンドプランニングは、
2008年にスタートした高知の小さなデザイン事務所です。

なんとなく心に残ったり、なんとなく楽しかったり。
タケムラデザインでは、クライアントの方たちと驚きや笑いを重ねあいながら、
その場所や物事の持つ魅力を引き出す「編集」が効いたデザインを
つくりだすことを目指しています。

また、取材を伴う雑誌媒体や観光パンフなどの仕事では、
できうる限り自分たちの目や足で実際に現地を走り回り、
自分たちならではの視点や思いから導き出される言葉や価値を見いだすことに
努めています。

2011年から営業を開始したのが「竹村活版室」。
鉛活字の魅力にこだわり、活版印刷本来の魅力にこだわった
小さくても力強い小ロットの印刷物の制作を行っています。

(HPより抜粋)
HP : https://takemura-design.com/

今回ご協力くださった竹村デザインアンドプランニング様、
お忙しい中お写真と情報のご提供ありがとうございました。

私共も末永いお付き合いをさせていただけるよう頑張りますので、
今後ともよろしくお願いいたします。

関連リンク

▼フェイスブックでおやつ神社をチェック
https://www.facebook.com/oyatsu.kochi/

▼おやつ神社当日の様子が高知新聞で紹介されたそうです
https://www.kochinews.co.jp/article/314506/

▼パネルのイラストは、オビカカズミ様の作品です
https://obika-kazumi.com/

 


「おやつ神社」は、その名の通り、
高知市の山内神社にグルメや雑貨等のお店が集まる大人気フードイベント。
出店は県内外から80店以上、来場者も1万人を超えるそうですよ。

入り口にこんなに可愛いパネルがあったら、
会場に入る前から写真を撮りたくなっちゃいますね!

フェイスブックを覗くと、
美味しそうな食べ物の写真がいっぱいでお腹が空いてしまいます。
来年も開催させるのかな?
デイタイムとナイトタイムでは、やっぱり雰囲気も様変わりするのでしょうか?
私は、高知県に行ったことがないので「おやつ神社」含めて旅行に行ってみたいです。

受注チーム筒井でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加