2021.05.18データの作り方

画像の荒れとぼやけの違いとは!綺麗な仕上がりの分かれ道?!

View 180

荒れとぼやけの違いタイトル画像こんにちは! ポスター印刷のプリオ データ処理チームのペリ子です。

今回はきれい且つ納期通りに印刷物を仕上げるためのワンポイントのご紹介!

 

 

写真やイラストをポスター印刷してみたら

「連絡が来なかったから安心してたのにボケボケの仕上がりだった!」
「解像度はポスター印刷に推奨されている250dpiにしたのにもやってた!」
  
何で連絡してくれなかったの!荒れてたら連絡くれるって言ってたのに(;_;)
プリオさんどうして・・・

 
となってしまうケースが極稀に・・・

 

これは判断基準となっている画像の荒れとぼやけの違いについてご理解いただけると

トラブルを防げるかもしれません!

画像の荒れとぼやけの違い

さっそく、画像を使って荒れとぼやけの違いを解説していきます!
(余談:春にペリ子が娘と南房総で摘んできたポピーの写真です。)

解説画像なんとなくもやっとしているこちらの写真

黄色い枠の部分をズームした時に、荒れ・ぼやけた状態ではどんな感じになっているでしょうか。

荒れているもの(プリオでは印刷がストップします)

画像が荒れている例画像を形成しているドット(四角いもの)がカクカクして見えますね。

これは結構荒れている状態。

 

このドットが1mmを超えると、荒れている画像と判断してプリオでは印刷をいったんストップします。

お客様にそのままで問題がないか、再入稿の必要があるか確認いたします。納期がずれる場合もあります。

ぼやけているもの(プリオではそのまま印刷します)

画像がぼやけている例もやっとしていて綺麗じゃないのは確かですが、先ほどの画像とは違ってドットがあまり見えませんね。

これはぼやけている状態。細かなドットで画像が形成されています。

小さな画像を画像編集ソフトやアプリで高解像度にするとこうなってしまう事が多いです。

 

この場合プリオでは、画質が調整されているからお客様は画質を了承しているんだなと判断して印刷を進めます

 

 

違いがお分かりいただけたでしょうか。

 

初めの「プリオさんどうして・・・」に戻りますが、

つまり、画像をうーーんとズームしてみて、1mm以上のドットでカクカクしていたらプリオから連絡が行きます。

もやっとしてても1mmをこえてなければ連絡はいたしません。。。

 

ご入稿前に是非ご確認くださいね!

↓画質について他のブログ記事でも紹介していますので参考になりましたら幸いです。

画質に関する記事へのリンク

 

万歳ぷりにゃん●ポスター印刷のご注文はプリオまで!

●ご質問もお気軽に!メールのお問い合わせにも24時間以内に必ず回答いたします!