2020.06.22データの作り方

データ容量でデータの画質はわかる?

View 604

こんにちは。ポスター印刷のプリオの三井です。

お客様からのお問い合わせで

「持っている20MBのデータはA2サイズに拡大しても画質に問題はないでしょうか?」

データの情報として「容量」をお知らせいただくことがございます。

 

今回は容量と画質の関係について書いていきます。

 

データ容量とは

簡単にいうとデータの情報量です。

データのプロパティなどを見ると書いてある数字ですね。

単位はKB(キロバイト)やMB(メガバイト)、GB(ギガバイト)がございます。

1KB=1024B
1MB=1024KB
1GB=1024MB

 B<KB<MB<GB

情報量ですのでデータの画質だけでなくデータのサイズ(A4サイズやB0サイズなど)や使用している写真やイラストなどの画像の数、その画像自体の画質によって容量は変わります。

 

プリオでは一度に最大1GBのデータをご入稿いただけますが

容量1GBのデータはお!重いデータが入稿されてる…!とスタッフがびっくりする容量です。

1MB以下(単位がB)のデータはエラーが発生して情報が抜けてしまったのか…?とスタッフが心配する容量です。

データ容量で画質はわかるのか?

先に申しあげたとおりデータ容量はデータの情報量ですので

データの画質だけで決まるものではありません。

容量が大きいデータでも画質が低い写真を多くレイアウトしているデータは全体的に画質はよくありません。

逆に容量が軽くても文字だけのデータは大きく印刷しても綺麗に仕上がります。

 

例えば…

 

容量19KBしかないこのPDFデータはベクターデータなので表示倍率220%まで拡大しても文字がギザギザすることはありません。

 

画質はどうやったらわかるの?

データの画質を確認するにはピクセルや解像度などの情報が必要です。

下記のブログをチェックしてみてください!

Illustratorのデータ容量が大きくなってしまう場合はこちらをチェック。

 

大判印刷のご注文はこちらから!