2019.07.09印刷豆知識

イラレ 便利なガイド機能。ガイドを作ってみよう!その1

View 1,629
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

ポスター印刷のプリオ:データ処理チームのペリ子です。
 
今回はAdobe Illustratorで便利な機能「ガイド機能」についてご紹介いたします。

ガイドとは

ガイドとは、レイアウト時の目安になるものです。

ガイドイメージ図例として作った、右の図の明るい水色で表示されている線です。
(※色や線の状態は環境設定内で変更可)
 
ガイドは自由に何個でも作成できるので、
仕上がりのラインにしたり、中央の目安にしたり使い方は様々です。
 
印刷には反映されない線なので安心して利用できます。
 
ガイドには2種類あります。

①定規から作るまっすぐなガイド
②オブジェクトから作る自由なガイド

では、それぞれの作り方をご説明。

ガイドの作り方 ①定規から作るまっすぐなガイド

まず定規を表示させます。
※定規とは、レイアウトスペースの左と上に出てくる目盛りの事。

定規の表示方法は【(上部のメニューの)表示→定規→定規を表示 (ショートカットならCtrl+R)】
  
そして、定規の目盛りの上からドラッグするとガイドを引く事が出来ます。以上!簡単ですね!!\(^o^)/

ガイドの出し方

このガイドは普通のオブジェクトの様に選択ツールで動かしたり、消したりできます。

また、メニューのガイドの設定で、消したり隠したりロックしたりできます。 
メニューは表示→ガイド→】の中に設定がありますので色々試してみてくださいね。
ガイドのメニュー画面

ガイド機能の注意点

ガイドは「ガイドを解除」すると、普通のオブジェクトになり、印刷に反映されるので注意です。

 
また、ガイドは印刷されませんがPDFにも反映されません

ガイドでカット指示を出して入稿しても、気付かれない場合が多いので注意です。
あくまでも作成時の目安としてご利用ください。
  

 
②オブジェクトから作る自由なガイドについてはこちらのブログで♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加