2019.01.28印刷豆知識

ポスター印刷に適したフォントサイズは?

View 20,170
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポスター印刷するときの文字サイズは

こんにちは!
データチェックを担当しております岡です。

データの作成でお客様からお問い合わせいただく内容の一つに
「文字の大きさってどの程度が良いの?」というお問い合わせがあります。
  
この点は個人の好みによるのですが、実寸サイズの人が見た場合、
どの程度の文字サイズになるのかを確認できる画像を用意しました。
ポスター印刷するときの文字サイズは

※クリックで大きく表示されます。

この画像を見て「あれ、意外と小さい?」って思いませんでしたか?!
一番上側の36pt(ポイント)のサイズですら、実寸サイズで1文字の大きさが約12mm×12mm位のサイズはあります。

以下それぞれの大きさの1文字の大体のサイズをご紹介します。(文字の形によって多少変わります)

36pt=12mm
48pt=16mm
60pt=20mm
72pt=24mm
85pt=28mm
100pt=33mm
120pt=39mm
150pt=50mm
200pt=66mm

というサイズになります。

大判ポスターは印字面から離れて見る事がほとんどですが、
仮に視力1.0程度の人が1m程離れて見ても48pt程度の大きさの文章は読む事はできます。
 
なので、どの程度の距離感で見て貰うポスターなのかを意識すると自然と文字の大きさも決まってくると思います。
 
大判印刷のデータを作成中の方は是非ご参考いただければと思います。

↓色や形によって出力が難しい場合があります。こちらのブログも是非ご参考に!↓


大判出力センターのプリオでは、データ作成以外の事でもお問い合わせを受け付けております。
ご不明点など、ございましたらご注文前でもお気軽にお問い合わせくださいませ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加