2022.10.21ポスター印刷 , 商品紹介

ターポリンとは?|ポスター印刷の用紙選びのコツ!

こんにちは!製造チームのウスイです。

今回は強度バツグン!屋外利用の強い味方、ターポリンを紹介いたします。

ターポリンとは

ポリ塩化ビニルやポリエステルなどで作られた素材。テント生地とも呼ばれます。

簡単に申し上げるととても丈夫で水に濡れても問題ない素材です。

お祭りの屋台の看板やトラックの荷台カバー、工事中の足場の壁面に貼られたバナーなどに利用されています。

スポーツ観戦の際に目にすることがある横断幕もターポリンで制作されるのが一般的です。

 

とにかく高耐久

▼男性スタッフにターポリンを力いっぱい引っ張ってもらいました。多少の歪みや伸びは発生しますが、破れませんでした。

厚さ/重さ

厚さは約350μm(0.35mm)。重さは約475g/㎡です。

プリオで取り扱っている用紙の中では一番重い素材です。

耐水性で屋外で雨が降っても大丈夫

ターポリンそのものはもちろん、印刷するインクも耐水性のあるインクです。

外で使用したり、水濡れする場所で使用しても問題ありません。

 

屋外イベントで使用するかんばんとしてももってこいの素材です!

 

 

 

柔らかい質感

 

厚手でしっかりとしたターポリン。
ですが、実はとっても柔らかいんです!

プリクラの入口のカーテンにもターポリン生地が多く使われております。
飲食イベントのテーブルクロスやイベント会場の入り口暖簾など、工夫次第で様々な場面でご活用頂けます。

 

少し跡は残ってしまいますが、軽く折りたたんで持ち運ぶことも可能!
柔軟性に富んだ用紙です。

 

 

 

落ち着いた印象を与える表面

ターポリンは柔らかく光を反射する半光沢素材です。
しっとりと、落ち着いた印象を与えます。
強い日光の下や照明の下でも反射でまぶしい!ということはありません。

うっすらと見える生地の質感は合皮のような滑らかな肌触りです。

 

 

動画での紹介も

動画でもターポリンの質感や強度をお伝えしています。
是非、合わせてご覧ください♪

 

しっかりとした素材で屋外に強く、オプション加工との相性もバツグンのターポリン。

是非ご活用ください。

 

↓↓↓ 他の用紙についてはコチラから! ↓↓↓

用紙紹介一覧