2017.04.05Adobe Illustrator , データの作り方

【自動チェックシステムでNGが出たら…】特色/スウォッチ

View 3,285

ポスター印刷のプリオ データ担当です。

 

自動チェックシステムをご存知でしょうか。

ご入稿前にお客様ご自身でデータチェックが可能な便利システムで、入稿の不安を取り除いてくれます。

チェックが無事に完了すると、自動的に入稿用のPDFデータを生成してくれる優れもの!

 

▽システムの使い方をご紹介しています▽

入稿データを自動でチェック!安心入稿!~自動チェックシステムとは?~

 

本日の記事では、チェック項目の「特色」「スウォッチ」についてご説明致します。

 

特色とスウォッチとは?

スウォッチとは、カラーや濃度(色合い)、グラデーション、パターンに名前を付けたものです。

 

※ウィンドウ→スウォッチ でパレットが表示できます。

 

特色とは

CMYKのプロセスカラーでは表現できない特別な色です。プリオでは特色の印刷は承っておりません。

パレット上で右下に●黒丸がついているカラーが特色です。

 

スウォッチ(パターン)とは

本来スウォッチは総称ですが、

弊社の自動チェックシステムのスウォッチ項目が対象にしているものは

「パターン(グラデーションスウォッチ含む)」となっております。

パレットの表示方法を変えるとこれらのスウォッチが絞り込めます。

 

特色、スウォッチ項目がNGに…。解決方法は?

データ内に特色・パターン・グラデーションスウォッチが使用されているとチェック結果に文言が表示されます。

また、特色がNGとなった場合にはPDF変換がおこなわれませんので

データをご修正の上、再チェックを行って頂く必要がございます。

 

特色項目の解決方法

スウォッチパレットから特色を全て削除して再保存をお願いします。

特色は削除されると、CMYKカラーに自動変換されます。

特色は削除時に色味が大きく変わる可能性もございますので、削除前と後で

色味に変化が起きていないかをよくご確認ください。

スウォッチ項目の解決方法

パターンは透明効果などと重ねて使用した場合、印刷エラーが起こりやすくなります。

その為、データの画像化をお勧めしています。

▼画像化の方法はこちら

 

自動チェックシステムで安心入稿!

ご参考になりましたら幸いです!