2020.05.11社員ブログ

模様替え!アートポスター・アートパネルのススメ

View 95

Photo by Naomi Hébert on UnsplashPhoto by Naomi Hébert on Unsplash

 

こんにちは!ポスター印刷のプリオです。

今回の記事では『アートパネル』『アートポスター』について。

 

おすすめの素材サイト、そしてそのサイトを利用してのプリオでの制作方法、印刷事例と、ひとつひとつご紹介していきます!

 

家で過ごす時間を少しでも楽しいものに。

手軽にできる模様替え、気分転換としてもおすすめです。

 

アートポスター、アートパネルとは?

Photo by Crew on UnsplashPhoto by Crew on Unsplash

 

今回ご紹介させていただくアートポスターアートパネルは、

インテリア(室内装飾)のことを指しています。

 

内容は様々ですが、写真やイラストであることが多く、

お店で売られているのを目にしたことがある方も多いと思います。

 

このアートパネル(ポスター)は、店舗などの空間づくり、お部屋の模様替え、プレゼントとして非常に人気があります。

アートパネル(ポスター)は自分で作れる?

Photo by Jason Briscoe on UnsplashPhoto by Jason Briscoe on Unsplash

 

もちろんです!

印刷したい画像データさえ手元にあれば、

自宅のプリンター・コンビニのプリンターで簡単に作れます。

 

ただ、自宅やコンビニは手軽であるかわりに

印刷サイズが小さかったり、用紙の種類は選ぶことができなかったりと

制限がかかってしまうことがしばしば。

 

もう少し大きく!そして高品質な紙で。

まるで、お店で売られているポスターのような仕上がりにしたい!

という場合には、印刷会社への印刷依頼がおすすめです。

 

様々な印刷会社がありますが、ここではプリオをご紹介。

プリオは大判サイズのポスター印刷を得意としており、

オプションとしてパネル加工があります。

そして、

  • 1枚から注文できる
  • 画像データを入稿するだけで印刷・加工できる
  • 余裕便なら配送費が無料

ということで、アートパネル・アートポスターをつくるのに

プリオはとってもぴったりなのです!

 

重視したいポイントを踏まえ、ご自身に合った印刷会社を探してみてくださいね♪

まずは画像を手に入れよう

Photo by NATHAN MULLET on UnsplashPhoto by NATHAN MULLET on Unsplash

 

デジタルカメラで撮影したお気に入りの写真はありますか?

最近ではスマホでも十分に高画質な写真が撮れるようにもなりました。

 

でも、

持ってる写真の画質が低すぎる…

写真を上手に撮ることができない…

おしゃれな画像をパネルにしたい…

そんな人も多いかと思います。

 

 

今回はプリオスタッフの中で話題の!

素敵なサイトをご紹介させていただきます。

 

関連:こんな画像は印刷に不向き!

画像サイト:Unsplash

Unsplash

https://unsplash.com/

The internet’s source of freely usable images.
Powered by creators everywhere.

アンスプラッシュ

こちらは高品質な写真が多く掲載されている画像サイトになります。

アカウント登録などは不要で、誰もが自由にダウンロード・使用できることが明記されています。

詳しくはLicenseのページをご確認くださいね。

Unsplash:キーワードで検索

サイトの使い方を簡単に説明します。

 

まずは、イメージするキーワードを好きに入力して検索してみましょう!

海外のサイトなので、英単語での検索がおススメ。

日本語でも検索できますが、海外ユーザーが多いため、

英単語を使用して検索をかけたほうがより多くの検索結果を得ることができます。

 

▼Flower で検索した場合の例

flower_unsplush

色(white/blackなど)、天気(sky/sunnyなど)、も素敵な画像が見つかります。

texture/retro/sparkle/green/neon/moody も素敵でした。

また、 eat と検索すれば食事風景、食べ物など食に関する画像全般が出ますが、

eating together とすることで人と人とが食事している写真が多く出てきます。

 

必要とする写真のイメージが明確になっている場合は、狙ったキーワードで検索することでより精度の高い結果を得られます。

連想して検索を繰り返すことで、より魅力的な画像に出会えることも。

Unsplash:写真をダウンロードする

気に入った写真を開くと、右上に Download のボタンがあります。

クリックするとサイズを選んでダウンロードできるようになっているので

一番大きなサイズを選択しましょう。

 

▼French Bulldogをダウンロードする場合の例

ダウンロード

Unsplash:印刷するサイズを決める

ここで気になってくるのは、ダウンロードした画像が

欲しいサイズで作れる画質かどうかです。

幸い、Unsplashではダウンロード時にサイズが表示されるので

その数値を参考にすることで、作れるサイズを確認することができます。


◆画質から印刷サイズを算出する方法

ダウンロードサイズ

ダウンロードボタン横のをクリックすると、サイズが表示されます。

画質がよりよいものを選びたいので、Original Sizeが【2481×3101】であることを確認します。

※上の画像は、French Bulldogの画像を例に挙げています。選ぶ画像によってサイズは異なります。

 

このサイズが【どんな印刷サイズに適しているか】は、

プリオオリジナル!サイズ計算機を使用するととっても簡単です。

 

サイズ計算機

1)『画像のピクセル数』を入力する

(ここでは、Original Sizeの2481×3101を入力)

2)『入力できたら次へ』を押す

3)画質を選択する(お好みで)

4)画質に適したサイズ(mm)が算出される

>>>サイズ計算機はこちらをclick<<<

 

『高画質』な状態で形にしたい場合、

【252×315mm】が印刷に適したサイズであることがわかりました。

大きく印刷したい場合は『中画質』『低画質』を選択してそれぞれのサイズでご依頼ください。

画質が低くても、印刷することはもちろん可能です。

※プリオが設定いしている出荷基準を下回る場合は、ご連絡いたします。
関連ブログ:低画質データはそのまま印刷されてしまう?

 

このサイズで問題ない場合は、プリオのサイトで注文する際

【変形サイズ】を選択して数値を入力すればOKです!


◆作りたいサイズが決まっている場合

ポスターフレームや、額縁の用意があったり

掲示スペースの関係上、作りたいサイズがすでに決まっている場合は

  • 印刷したい画像がそのサイズに見合う画質かどうか
  • 印刷したい画像の比率が、希望サイズと合っているかどうか

が重要になります。

 

規格サイズの場合ですが、以下のピクセル数以上あれば

ポスターとして印刷しても問題無く印刷できる画質になるのでご参考ください。

▼高画質
B0サイズ:8110×11480ピクセル
B1サイズ:5730×8110ピクセル
B2サイズ:4060×5730ピクセル

A0サイズ:6620×9370ピクセル
A1サイズ:4680×6620ピクセル
A2サイズ:3310×4680ピクセル

▼中画質
B0サイズ:6080×8610ピクセル
B1サイズ:4300×6080ピクセル
B2サイズ:3040×4300ピクセル

A0サイズ:4970×7030ピクセル
A1サイズ:3510×4970ピクセル
A2サイズ:2480×3510ピクセル

 

印刷したいサイズが『A2サイズ』だったり『400×500mm』などである場合は

画像編集ソフトなどを使用して、ご自身でトリミングしていただくのが一番です。

 

編集ソフトをお持ちでない方は、データはそのまま入稿いただき

連絡事項欄にどのような仕上がりを希望するか指示を明記してください

 

▼French Bulldogの画像をA2サイズで作りたい場合の指示例

仕上がりイメージ

こんな感じです。

右側はトリミングしたくないので左側だけをトリミング、といったご指示でもok。

トリミングした際の仕上がりイメージを見たい…という場合はご相談ください。

実際に作ってみました

French Bulldogの画像を使用して、【252×315mm】で注文してみました!

注文内容は・・・

  • パネル印刷(発泡パネル)
  • 光沢紙
  • UVマットラミネート
  • 白フレーム
  • ひも1式

自宅から、ノートパソコンを使用しました。

注文してからダウンロードした画像をプリオの入稿フォームに入れるだけ。

翌日には仕上がりました!

フレンチブル展示例

こんな感じ。

 

高品質な画質を保ったまま制作できるサイズを選択したので、

ものすごく近寄って印刷・加工面を観察してみました。

パネル表面※画像クリックで、大きく表示されます。

写真がぼやけているのが目立ったり、

モザイク状のようなことになっておらずきちんと高品質であることがわかります。

こんなにきれいに印刷できるなら、2倍の大きさにしても個人的にはOKかな~という印象です。

 

また、光沢紙の光沢感をマットラミネートが抑えているので、光の反射がやさしくふんわりとしています。

まるでおしゃれなインテリアショップで購入したパネルのようです!

棚に置いて飾りましたが、画像のように画鋲で飾ることもできました。

この画鋲は、無印良品の『針が細い画鋲 』です。

 

実際に飾ってみると、もう少し大きくてもよかったかも…と思ったり、サイズ感をばらけさせてあと2~3枚欲しいかも…とも思ったり。

季節ごとに変えるのもいいし、模様替えの妄想はどんどんふくらみました。

 

 

Unsplashさんの画像はスマホからでも簡単にダウンロードでき、

プリオもスマホからのご注文・ご入稿に対応しています。

 

今すぐ手元でポチポチとできてしまうアートパネル・アートポスター

皆さんも是非お試しください!

 

パネル印刷は、プリオのサイトでチェック!


今回のブログでは、Unsplashさんで取得できる画像をふんだんに使わせていただきました。
ありがとうございました!