2018.12.05利用事例 , 印刷豆知識 , 商品紹介

【実物検証その3】アルミ複合板の等身大パネルのカットはどんな仕上がりになるのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!データ処理チームのペリ子です。
 
耐水性・丈夫さが魅力のアルミ複合板。
今回は、屋外看板に人気の
【アルミ複合板を使った等身大パネル】
どんな仕上がりになるのかご紹介します。
 
「お客様にご満足いただける商品を届けたい!」と言う気持ちから、
あえて推奨しない形状のパネルカットに挑み、
実際どんな仕上がりになるのか実物検証をしてみました。
データ作成のお役に立てましたら嬉しいです! 
 
それでは検証を始めます!!

制作素材 ≪歯医者さんの看板≫

カットする歯の画像【サイズ】横310mm x 縦353mm
【用紙】光沢塩ビ(糊あり)
【パネル素材】アルミ複合板
 
 
データ処理チームの中村さんが作ってくれました。
イラストの縁の赤いラインがカット機が通るカットラインです。
 
 
さて、どんな仕上がりになるでしょうか。

 

結果!!

仕上がりはこんな感じです。パキッとした仕上がりがかっこいいですね!
今回注目して頂きたい部分は1つです。

【注目ポイント】鋭角部分は鋭くとがります!

ズバリここ!
歯の下のとがった部分が今回の注目ポイントです。
 
アルミ複合板は【低発泡パネルを薄いアルミ板で両面からサンドイッチ】した素材です。
つまり薄い金属の板が2枚あるのです。
 
この鋭い部分は、ちょっと手を引っかけただけで怪我をしてしまいます。
実際に、このブログに協力してくれた橋本さんは、
手を負傷してしまいました・・・すいません((+_+))
  
人の手に触れる様な位置に設置する場合は危険ですので
これからご紹介する2つの対策をご参考にしてみてください。

【対策1】カットラインを曲線にする

「最初から鋭い部分を作らない!」という対策です。


下の鋭角だった部分を、直径5センチの曲線にしました。
安心の滑らかカーブです。
 
実際にカットした断面は、非常に綺麗です!

【対策2】サンドペーパーで整える

アルミ複合板は素材の性質上、尖った部分は勿論のこと、全体的にバリが出やすいのです。
サンドペーパーでササッと擦れば、バリが取れますのでお試しください。
 
作業は軍手を装着して十分気を付けておこなってくださいね!

 
 


いかがでしたか?
 
雨風に強いアルミ複合板のパネルは
屋外・長期利用の強い味方です!
 
用途に合わせて、形状についてもご検討くださいませ。

  
 
自分でカットラインを作るのは難しい・・・
綺麗なカットラインに修正して欲しい・・・
そんな時はお気軽にお申し付けください!
 
プリオではカットライン作成無料で承っております。
※1~2日作業日をいただきます。
 
カットライン作成の依頼は、【等身大パネル】の注文の
step3「入稿データ作成のお手伝いは必要ですか?」の項目で
「カットライン作成」をご選択ください。

 
不安な事がございましたら365日お気軽にご相談ください\(^o^)/
 
 
■発泡パネルの実物検証はこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)