2017.11.15データの作り方 , 商品紹介

横断幕・上下袋縫いのデータ作成のワンポイント!圧着幅は何mm?

View 499

こんにちは!データ処理チームのペリ子です。
 
ポスター印刷のプリオではレストランの入り口やデパートで見かける様な、
上下にバーが通った大きなポスターの制作ができます。
  
商品項目は【横断幕】、加工は【上下袋縫い】です。
  

上下に袋を作るちょっと特殊な加工が入るので、
今回は、よく来る質問と回答を合わせてご紹介してまいります。
  
?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?
上下左右の圧着部分や、バーの袋に文字がかからないようにしたいです。
どうやってデータを作成したらいいでしょうか。
?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?-?

   
横断幕はポスターの周囲を折り返して、圧着して補強します。
(ご入稿データに弊社で折り返し部分を作成します。)
商品の詳細はこちら
  
  

上下袋縫い加工の横断幕の圧着範囲は

左右約30mm
上下約20mm

上下の袋のサイズは約40mmです。

(直径20mmのバーが通る袋の場合。)
 
 
上記のお問い合わせの回答としては、
 【左右30mm以上内側、上下60mm以上内側】
に文字をレイアウトしていただけましたら
圧着部分や、袋部分に文字はかかりません。

   

もちろん隅々までレイアウト可能ですが、
袋の位置にかかる文字やお写真は、中にバーが通るとカーブし、見えにくくなりますのでご注意ください。
  
バーの太さを直径20mmと仮定しています。もっと太いバーを使用される際は、袋のサイズも変わってきますので、一度ご相談くださいませ。
  

安心安全なデータ作りの参考になりましたら嬉しいです(*^_^*)