2016.11.10初めての方へ , 動画 , 商品紹介

【横断幕】大判印刷の用途別の選び方

こんにちは!プリオ製造チームの大島です。

「プリオの大判印刷ではどんなものが作れるの?」
「どの商品を選んだらいいの?」

そんな声にお応えして、
第1回では、プリオで選べる8つの商品の違い について、
第2回では、「ポスター印刷」のおすすめポイントと利用事例について、
ご紹介してまいりました。

本日の第3回目では【横断幕】の魅力についてお伝えしていきます♪

「横断幕」ってなに?

一般的に、横断幕とは、垂れ幕や応援幕とも呼ばれるように、
競技場や建物の壁面に吊り下げられているような多くの人にアピールできる大きな幕のことです。

プリオの横断幕は耐久性抜群で長期利用に最適!

fullsizer-4プリオの「横断幕」は、ターポリンorメッシュターポリンの布製用紙で印刷・作成いたします。

布端を折り込み、熱圧着しているので高耐久!

1年以上の長期利用におススメです!

メッシュターポリンは、表面に小さな穴があるので、風の強い場所で抵抗を抑えることができます!

デザインに細かい文字が入る場合は、ターポリンがおススメです。

 

 

「そんなに長く使わないし、もっと安くていいんだけど・・・」
そんな短期利用の方なら「ポスター印刷」でOK!

「横断幕」と違い、周囲の加工はありませんが、強度にこだわらない方には
リーズナブルで短納期の「ポスター印刷」が断然お得!
用紙も全13種類から選べるので、利用場所・用途に合わせてご選択ください。

ポスター印刷とは?

横断幕なら特大サイズが制作可能!

横断幕のもう一つの魅力は、最大作成サイズが大きいこと!
ポスター印刷で作る場合は、最大サイズ「1.2m×10m」ですが、
横断幕なら、熱圧着加工で用紙をくっつける「合わせ縫製」もできるから
 2mや3m幅のものまで作ることができるんです。

一辺が3mを超えるサイズにつきましては、要相談となりますのでお問い合わせください。

選べる横断幕の形は2種!

印刷オプションにて、横断幕の種類を選択することができます。

あなたにぴったりの仕上がりはどちらですか?

◆周囲縫製(合わせ縫製)

fullsizer-16通常の周囲縫製は、4辺を折り込んで熱圧着加工を施します。

布のほつれの心配もなく綺麗な仕上がりです。

無料のハトメ加工追加で、さまざまな場所に設置できますね。
ハトメの個数も位置も自由にご指示いただけます。

※吊り下げ用ひもは、有料になります。

動画+図で仕上がりをご確認ください♪

 

 

◆上下袋縫い(合わせ縫製)

fullsizer-15上下袋縫いをご選択の場合は、上下にバーを通せるように加工いたします。

バーはお客様自身でご用意していただくことになりますが、たるませず設置できるのが魅力です。

動画+図で仕上がりをご確認ください♪

 

利用事例:「横断幕」

横断幕をご注文いただいたお客様の利用事例をご紹介!
画像をクリックで詳細ページをご覧いただけます。

1-01 Print —˜—pŽ–—áƒAƒCƒLƒƒƒbƒ`

ご相談いただければ、腕章やたすきもご制作可能です。
 


プリオの「横断幕」はいかがでしたか?

みなさんの用途にぴったりの商品選択ができますよう心より願っております。

ご心配な点がございましたら、専門スタッフが丁寧にご説明させていただきます。

365日営業しておりますので、いつでもお問い合わせくださいませ!

 

*************

第1回 プリオで選べる8つの商品
第2回 ポスター印刷について
第3回 横断幕について
第4回 パネル印刷(発泡パネル)について
第5回 パネル印刷(アルミ複合板)について
第6回 等身大パネルについて
第7回 タペストリーについて
第8回 バナースタンドについて