2018.01.20Adobe Illustrator , データの作り方

Illustrator ペンツール不要!ハート型のパネル 入稿データ作成1.2.3!

View 886

こんにちは!
データ処理チームのペリ子です。
 
もうすぐバレンタインデーですね。
そろそろハート型のアイテムが必要になる頃ではないでしょうか!
 
プリオではパネルの曲線カットも承っておりますので、
ハート型のパネルも1つから作成可能です。
 
今回はハート型のパネルのカットラインを簡単に作れる方法をご案内!
ペンツールは1度も使いませんので、ビギナーさんも安心して挑んでください\(^o^)/
 
まずはおさらい

ペンツール不要のハート型作成方法

 

詳しくは先日ご紹介したこちらのブログへ。

Illustrator バレンタインポスターにもおススメ!超簡単なハート型の作り方!

ハート型のカットラインの作り方

今回はパネル注文に多い白フチのパネルのカットライン作成方法です。
 
まずは作成したハートを選択した状態で【オブジェクト→パス→パスのオフセット】の順にクリック。
するとパスのオフセットウィンドウが出てきます。


オフセット「10mm」と入力。→10mmは白フチの幅です。
角の形状「ラウンド」を選択。→尖って出てる部分が丸みを帯びます。

ハートの周りにもう一つのハートができるので、
外側のハートだけを選択します。

※外側のハートだけ選択できない!と言う場合は、2個のハートがグループになっています。
 ハートを選択したまま右クリックでウィンドウが出てくるので、グループ解除で解決です!


外側のハートの「塗り無し」「線の色を分かりやすい色(赤等)」に変更。

カットライン完成!
ポスターに貼ったり棒を付けてフォトプロップスにしたり、
色々な使い方で楽しんでくださいね。

こんな自由な形のパネルは、プリオでは「等身大パネル」でご注文ください。
ご注文サイズはカットラインのサイズをご入力ください。
 
※プリオでは鋭角に凹んだ部分(ハートの上の様な部分)は少ーしだけカット機械の歯が入り込みます。
 切り込みが気になる方は一度ご相談ください。
  
今回のパスのオフセット機能を利用したカットラインの作成は、
フラスタパネルや、等身大パネルでも使える方法ですのでぜひご参考に!