2020.10.05成井の目 , 社員ブログ

ポスター製造スタッフ【成井の目】7:3で・・・

View 23

おはようございます。
製造・成井です。

幸福に生きるためには大事なことはいろいろありますけどね、
やっぱり、できたら与えることだと私は思います。

私は昔から「くれない族」と定義していますけど、
青年でも中年でも「~をしてくれない」と言い始めた時から、既に精神的な老化が進んでいる。
それは危険な兆候だと思って、自分を戒めたほうがよろしいかもしれません。

他人が「~をしてくれない」と嘆く前に、
自分が「人に何かしてあげられることはないか?」と考えるべきです。

以前インドへ旅行に行った時に、感じのいい日本の若者たちと出会いました。
彼らは皆、自分で貯めたお金を使って、誰の迷惑も掛けずにインドを旅行していたんですけど、
私と同行していた神父さんがこう言ったんです。
「彼らは少しも幸せそうに見えなかった」と。

「どうしてですか?」と私が聞くと、

「彼らは自分のしたいことをしているだけで、人としてすべきことをしていないから」
とおっしゃったんです。

自分のしたいことを、自分の力ですると同時に、
他者のためにさせていただくという気がない人間は大人とは言えない。
真に幸福な人生も生きられない・・・・という事なんです。

だから、7割は自分の楽しみ、3割は育てたいもののためにお金と時間を使う。
年を取れば取るほど、そういう人間になれるといいですね。

私はオペラが好きなんですけど、オペラの語源はラテン語で「仕事」っていう意味なんです。
だから、オペラは大勢でつくり上げる一つの仕事なんですね。

主役はいるけれども、主役一人でオペラはできない。
それぞれが過不足ない役割を与えられて、
その持ち場で丹誠を込めていくから素晴らしいオペラになる。

現代はそれを間違って考えて、
自分のしたいことをすることが自己を育てることのように思う人がいるので困りますね。

自己を丹誠するには、まず一生懸けていいという目的を持ってなきゃいけない。
その目的に向かって、どういう人間に自分を仕上げたいのか。

人間はもちろん脇道に逸れる時間も必要ですけれども、
やっぱり自分を訓練していくと同時に、
自分も他者のために、少し手助けする気持ちを持つことが大切です。

「幸福に生きるために大事なこと」曽野綾子(作家)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
してもらっている感謝に気づくこと、気づいたら忘れないこと。
「当たり前」と思うことでも、「有り難いな」と思うこともできます。

その時に感じた心の声に正直に、そしてシンプルに考えることが、
人生を大きく変えていくのかもしれません。
そして、些細なことにも感謝できる人でありたいものです。

今日も毛が無く、否、怪我無く!