2017.12.26商品紹介

ポスター印刷の用紙選びのコツ!【メッシュターポリン】

View 916

こんにちは!製造のウスイです。
今回はオーレの中でも特に個性的な用紙、「メッシュターポリン」をご紹介!

特徴、特性、どんな場面にオススメか、また注意する点等も紹介していきます!!

 

最大の特徴!約1mmの穴!!!

メッシュターポリンはその名の通り、メッシュ素材の用紙です。
全体に約1mmの穴が空いているので適度に風を通します

風の強い屋外や、空調の強い屋内などで使用しても、風によって破れることはありません!

※画像をクリックすると大きな画像で見ることができます。

 

安心の耐水性!

メッシュターポリンはターポリン同様【耐水性】を備えております。
水に濡れてもインクがにじむことはありません。

 

つまり、雨風両方に強い用紙なんです!

 

 

メッシュターポリンの表面は?


 

メッシュターポリンは若干の光沢性があります。
ですが、穴が空いているため、照明下でもさほど反射せずご利用頂けます。

 

 

厚さはどのくらい???

 メッシュターポリンの厚さは約390ミクロン。
官製はがきが220ミクロンなので、しっかりとした厚みで耐久性にもバツグンです!

注意!!

残念ながら、メッシュターポリンは穴が空いているため、細かい絵柄や細かい文字に適していません!

重要な情報は大きなサイズ、太い線でデザインしてください。

細かい文字を印刷したい場合には穴の開いていないターポリンがオススメです。

こんな方にオススメ!

 

タペストリー、ハトメ、周囲縫製などの加工も可能!
屋外での案内ポスターや看板代わりにご利用を検討の方にオススメです!

穴が空いている分軽いので、持ち運びにも便利ですよ♪

また、屋内でも、空調が強いところや湿気が多いところでも安心してお使いいただけます。

 

メッシュターポリン、いかがでしたか?
個性的な分、様々な要素を兼ね備えている、機能性バツグンの用紙です!

動画でも詳しく紹介させて頂いていますので、是非こちらも併せてご覧いただけますと幸いです♪

ポスター印刷のご注文はこちらから。
ご注文、お待ちしております♪

 

↓↓↓ 他の用紙についてはコチラから! ↓↓↓

用紙選びのコツ!~用紙紹介一覧~