2020.06.01成井の目 , 社員ブログ

ポスター製造スタッフ【成井の目】川の上流~下流・・・

View 49

おはようございます。
製造・成井です。

今回も昔聴いた法話からです。

幸・不幸の一人一人の運命は、各人の日々の行い『業(ごう)』によって生じると
徹頭徹尾、明らかにされたのが、仏教を説かれたお釈迦さまです。

お釈迦さまはその行いである『業』には三通りあると説かれ、それらを『三業』といいます。
・意業(思うこと)
・口業(しゃべること)
・身業(行動すること)の三つです。

中でも、私たちの運命に最も重要な影響を及ぼすのは、
「意業」(心で日々何を思っているか)だと説かれています。

それはなぜか?

【思っていることが言葉や身体に表れる】からです。
すべての元は『心』なのです。

仏教では、「心」と「口や身体」との関係を「川の上流と下流のような関係だ」と説かれています。
川の上流が「心」、川下は「口」や「身体」です。

川の上流に赤いインク塗料を大量に流せば、下流は赤く染まり
青いインク塗料を大量に流せば青く染まります。
上流に赤いインクを流しているのに、下流に青い色を望んでも、それは無理なんです。

「オレはこの事業に人生を懸けているから」と言いながら、
面倒なことは人にやらせたり、根気が続かず何かと怠けるのは、
その人の本心は、その事業に人生を懸けていないのです。

心が本気でないのは、その人の日常生活に如実に表れるから、すぐわかります。
本当にそのこと一つに懸けている人は、
誰が見てる見てないは関係なく、寝食忘れるような勢いで取り組みます。

ビジネスやアートなど各界の成功者に
「あなたと同じようになりたい、どうしたらいいか?」と聞いてくる人はたくさんいるそうですが、
聞いてくる人たちを見て、成功者たちがよく言うのは「本気の人はいませんね」という言葉です。

「『こうしたらいいよ』『こう言えばいいよ』と、どれだけアドバイスしても、
『しない』『しても続けない』で終わる人ばかりだ」と。

それは成功者が、まだ駆け出しの時に心に秘めていたような【本気の心】が無いからです。
上流に青いインクを流していないのですから、下流が青くならないのは当然なのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下は、昔に読んだ本や講演会、セミナー、テレビ、映画・・・
気になった言葉、心に響いたいろいろな言葉を書き溜めたノートからの抜粋です。

◎努力した人が必ず100%成功するとは限らない。
 だが、成功した人で努力していない人は絶対にいない。
 努力している姿を人に見せていないだけだ。

◎並みの努力は誰でもやる。
 大切なのは、ギリギリに来たときにあと一歩前に踏み出せるかどうか。

◎成功を手に入れた人は例外なく、それを強烈に望み、
 それを手に入れようと努力を重ね、行動に移した人。

◎特別に運が良くて、いきなりチャンスや幸運が降ってくるのは幻想。
 チャンスを待っているだけでは、幸せを手に入れることは決してできない。
 願うだけでは夢や目標は叶わない。
 しっかりと準備や努力をし、行動に移した者にチャンスや幸運が巡ってくるのだ。

◎仕事の時間、生活の時間、趣味の時間、プライベートな時間・・・
 1日24時間、どの部分を引いて、どの部分を足すか…自分で決めるしかない。
 そして自由にやるということは、自分に対してシビアになること。

◎悩んでいる暇にひとつでもやりなよ。 ドラえもん

朝から強烈な「昭和臭」・・・・ま、カンベンしてください(笑)。

さて6月です。今月も毛が無く、否、怪我無く!