2019.11.05社員ブログ

ポスター製造スタッフ【成井の目】カイゼン

View 19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
製造・成井です。

日々の知恵と改善により、ものづくりの場を高めていくために、
トヨタで繰り返し言われている言葉があります。

◎「者に聞くな、物に聞け」
者とは人のことであり、物とは現場や商品・製品のことです。
現場の作業者から聞いたことと、実際に現場で起きていることが食い違っていることがよくあります。
ですから、管理監督の立場にある人は、部下からの情報だけに頼り切るのではなく、
実際に自分の目で現場を見て、何が起きているかをつかまなければなりません。

◎「やってみせ、やらせてみせ、フォローする」
「やらせてみせ」までは実施していても、その後の「フォローする」まで徹底している会社は
ほとんどありません。
教えたことを本当に守り、実践するまでフォローすることが重要なのですが、
実際には、「たぶんやっています」というレベルにとどまっているケースが多く見受けられます。
「教えたとおりにやっています」と言い切れるところまできっちりフォローしていかなければなりません。

◎「あなたは誰から給料をもらうの?」
現場では、目先の問題に振り回され、事の本質を見失ってしまいがちです。
この質問に対して、上司の名や会社をあげるのではなく、
給料はお客様からいただいている、ということを出発点にすることで、
品質やコストにも気を配ったお客様第一主義のものづくりが実践できるのです。

◎「陸上のバトンリレーのようにやりなさい」
トヨタ流の仕事のやり方を、私はこの言葉で表現しています。
陸上のリレー競技では、前の走者から次の走者へとバトンを渡すバトンゾーンがあります。
そのゾーン内であればどこで渡してもいい。
バトンゾーンを有効に使うことで前走者と次走者の引き継ぎが円滑になり、
全体のタイムを縮めることができます。

これは仕事も同様で、例えばベテランから新人にバトンを渡す場合、
ベテランはバトンゾーンのギリギリのところまで走って新人を助けてやればいい。
バトンゾーンがあることで、自分の範囲を少し超えて仕事をしたり、
アクシデントが起きた時には逆に助けてもらったりできます。
お互いに自分の領域を少し超えながら、助け合ってリレーを走ることができるのです。

◎「横展しよう」
横に展開すること。すなわち、自分たちが持っているノウハウを広めたり、
その反対によそでやっているよいものはどんどん取り入れることです。
そのためにも、部門を超えた交流会の開催などを通じて、
普段から社内に多様なネットワークをつくっておくことが重要です。

◎「自社の『基準』は何か」
在庫を減らしたい、と考える会社は多いのですが、なかなか実現できないケースがよくあります。
基準が明確でないために、いまの在庫数で正常なのか異常なのかが判断できないのです。

例えば、工場の整理整頓を進めたい場合、ただ整理を指示するのではなかなか足並みが揃いません。
そこで、床に白線を一本引き、その白線内に納めるように指示を出せばすぐにきれいに整頓されます。
何が正常で、何が異常かが一目瞭然だからです。
感覚的に何となく雑になってる、という捉え方では、なかなか改善は進まないのです。

「トヨタの口癖」 海稲 良光(オージェイティー・ソリューションズ専務)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
他にも
「同じ石で二度転ぶな」(同じ失敗を二度しない)や
「頑張ることとは 多く汗をかくことではない」(涼しい顔で同じ成果を上げる)
「時間は動作の影」(無駄な動作は時間を浪費する、無駄な動作を減らせば時間が増える)

当たり前のようですが、これらの実行がまた難しい・・・・
そして、難しいと思う原因は、自身の内向きで消極的な心・・・だったりするわけです。

心も一歩一歩「カイゼン」していきましょう。

今日も毛が無く、否、怪我無く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加