2017.04.10動画 , 商品紹介

用紙選びのポイント【光沢感】3種を比較してみました

View 1,097

本日は、お客様からお問い合わせいただいた
光沢用紙の「反射具合」についてご紹介したいと思います。

 

今回はよくご利用いただく人気用紙3種を比較します。
①光沢紙 ②パールフォト紙 ③耐水紙

 

展示場所や使用用途で用紙選びをすることが多いですが、

【光沢感】は、ポスターの見え方を大きく変える要素の1つです!

 

光沢紙(★安価★発色が鮮やか★屋内向け)

 

 

強い光沢があり、蛍光灯の光でもくっきり反射します。

 

「新鮮さ」を出したいお食事メニューや、「みずみずしさ」を出したい写真、

「生き生き」とした動きのある被写体や、「透明感」を出したい写真にオススメです!

▼詳細は動画でチェック!


  

パールフォト紙(★プロの写真家愛用★屋内向け)

 

半光沢で光がやわらかく、ぼんやり白く反射します。

 

パールフォト紙は、上品な光沢感です。

アートスティック・ノスタルジーな表現に向いていて、

写真家さんや展示会でのご利用が多いのが特徴です。

 

耐水紙(★水に強く破れにくい★屋外向け)

 

パールフォト同様、半光沢ですが、
光は用紙全体に広がり、反射が気になりません。

 

光沢紙、パールフォト紙に比べて、色味が落ち着いています。

水気をさっと拭き取れる耐水性から、飲食店のメニュー表や屋外利用の看板に人気!


 ————————————————————————————————

いかがでしたか?

 

用紙選択は、印刷データや用途によって変えることで、

よりご満足いただけるポスター印刷となります!

 

「写真、動画だけでは心配・・・!」

そんな方は、サンプル請求

厚みや質感、発色等を、実際にお手元で確認していただくのが1番です。

 

用紙選びに迷ったら、いつでもご相談ください★★

メールでもお電話でも365日ご対応いたします♪