2020.12.22動画 , 商品紹介

ラミネートとは!種類と違い、加工できる用紙は?

View 6,605

おはようございます!

そろそろプール通おうかなー、そもそもなんで行かなくなったんだっけなー、って考えていたら、

「そろそろプール通おうかな―」が抜け落ちて、結局まだ通っていません。

受注チームの佐藤仁です。

今回は、プリオで取り扱うラミネート加工についてご案内です。

ポスター形状・パネル形状、

ご利用に適したシーンなどが様々ですので、是非この機会に覚えて帰ってくださいね!

プリオで取り扱っているラミネート加工は3種類、

その全ては紙素材への加工のみ受け付けており、布素材への加工は対応外となります。

※布ポスター・合成布・ターポリン(厚手)・ターポリン(メッシュ)

 

ラミネート加工を行うことの大きなメリットとして

ポスターの耐久性アップと表現力を高めます。

 

ラミネートには、大きく分けて2タイプあります。

ポスターの表面のみにラミネートフィルムを貼る、コールドタイプ。

もう1つは、2枚のラミネートフィルムでポスターをサンドし、熱をかけて圧着するホット(パウチ)タイプです。

 

コールドラミネート(マットラミとグロスラミ)

コールドラミネートにはUVカット加工が施されてあり、長期間やけの無い仕上がりでの掲示が可能です。

グロス(ツヤ有)、マット(ツヤ無)の2種類あり、

グロスは明るく派手な仕上がりに、マットはツヤを抑えて落ち着いた仕上がりにできます。

 

印刷面にのみ加工するためパネル印刷でもラミネート加工は可能!

また、ミミが出ませんので、仕上げたいサイズぴったり、端まで色やデザインが入った仕上がりも可能です。

加工できる用紙

・マット紙 ・マット合成紙(のりなし) ・マット合成紙(のりあり) 

・光沢紙 ・耐水紙 ・光沢塩ビ ・パールフォト紙 

・電飾フィルム ・パワー合成紙

加工可能な最大サイズ

1200mm×2000mm (ポスター印刷の場合)

ホットラミネート(パウチラミネート)

パウチラミネートは表裏両面から熱圧着をかけることで、完全防水仕様となります。

水に濡れる可能性のある屋内でのご利用がお勧めです。

UVカット加工が施されていませんので、屋外利用を想定のお客様は短期間のご利用をお勧めします。

ポスター形状の品物へのみ加工可能となり、少し硬い下敷きの様な印象となります。

仕上がりサイズに対してさらに上下左右に5mm幅の透明な耳がつき、角は丸くカットされます。

加工できる用紙

・マット紙 ・マット合成紙(のりなし) 

・光沢紙 ・パールフォト紙 ・電飾フィルム

加工可能な最大サイズ

1030mm×2000mm (ポスター印刷の場合)

 

 

いかがでしたか?

色あせ防止は、直射日光or屋内照明、光の強さと照射時間により結果は異なりますので予めご了承くださいませ。

大事な印刷物や、長期間ご利用予定、たまったポイントで少しだけグレードアップ等、

様々なシーンで役立つこと間違いなし!

是非プリオのポスター印刷はラミネート加工までご依頼ください!

定形サイズの価格表はこちらで!