2018.02.05Adobe Illustrator , データの作り方

ワークスペースを自分好みに改造!【Illustratorでデータ作成】

View 2,701

こんにちはデータチェックを担当しております岡です。

今回はIllustratorのソフトを利用してデータを作成する際にお役立ちな情報をお届けします。

Illustrator上にはツールボックス(下図を参照)を始めいろいろな作業用ツールが画面の中に点在しています。

この作業ツールを自分好みに調整できるんです!
Illustratorでの作業に慣れていない方は是非ご参照くださいませ!

【まずはツールの場所を移動させてみる】

Illustratorで作業をしていると、初期設定のままだと左側に「ツールボックス」がある状態だと思います。
このボックスの上部をマウスでドラッグするとツールボックスを任意の位置に移動できます。


他のツールの隣や上や下に持っていくと、他のツールに吸着してくれます。
この容量で他のツールも自由な位置に移動可能です。

自分が使いやすい位置にツールを固めておくと作業が楽になります。

 

【ツールを追加で画面上に出す】

Illustratorには多種多様なツールがあります。
画面上部の「ウインドウ」の中にツール一覧が格納されています。


使い勝手が良さそうなツールはこのウインドウのメニューから選んで常に画面内に出しておくようにすると作業がはかどります。
是非、いろいろお試しくださいませ!

以上ご紹介でした!