2018.01.13印刷豆知識

Illustrator 超簡単なキラキラの作り方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
データ処理チームのペリ子です。
 
アニメや漫画で使われるキラキラ
本当にシンプルな形ですがキラキラに見えますよね!!
色や効果でゴージャスにも、ポップにもなるレイアウトアイテムです。
   

今回はとーっても簡単な「キラキラ」の作り方をご紹介いたします。

簡単!キラキラの作り方

楕円形ツールで楕円形を作ります。

楕円形を選択した状態で【効果→パスの変形→パンク・膨張】をクリック。

パンク・膨張ウィンドウが出てきますので、スライドを触ってみてください。数字を入力してもOK。
※ウィンドウ左下のプレビューにチェックを入れると変化が分かります。

キラキラの形が見えましたね!
仕上げはキラキラを選択した状態で【オブジェクト→アピアランスを分割】をクリック。
効果でキラキラっぽく見えてたオブジェクトが、この仕上げでキラキラ型のパスに変わります。

あとは色を変えたり透明度を変えたり、自由自在です!


最初の楕円形の形でキラキラの形も変わります。
正円にしたり、四角形にしたり、六角形にしたり・・・どんな形になるでしょうか(*^-^*)

ぜひ色んな物をキラキラさせてください★

 

ここからはプラスの豆知識。
キラキラに輪郭線を付ける時、線パレットで尖らせたり丸くしたりの処理ができます。
鋭いとゴージャスに、丸みがあるとポップな仕上がりになりますよ!

 

 

最後に

この方法でオブジェクトを作る時は最後に効果の拡張を行うとより印刷データとしてエラーが少なくなります。

こちらの記事も一緒にご覧ください!→ イラストレーターでのデータ作成!~特殊効果編~

以上ご紹介でした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)