2018.01.10印刷豆知識

イラレ「環境設定」でサイズ表示がずれる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
入稿データ担当の清水です!

私達は毎日イラストレーター(イラレ)を使用して、
お客様のデータチェックを行っております。

データ担当は作業に「ムラ」が無いように、
全員が同じ環境でチェックを行っております。

が、

なぜか、いつの間にか、気付かないうちに環境設定が変わってしまう事があるんです。
勝手に変わることは無いので、なにかしてしまっていることは確かなのですが。。

意図せずに環境設定が変わると、微妙な違和感が出ます。
今回は最近合った微妙な違和感のお話です。

私は、普段通りご入稿データのサイズチェックを行っていました。
「今日はなんだか微妙にサイズがずれているデータが多いなぁ」

A2(420x594mm)でご注文頂いており、サイズをチェックすると421.76×595.76mmと
1.76mmづつずれているのです。

この程度のズレであれば多少調整すれば問題が無いのですが、
こんな感じのずれがちょこちょこ。。

これはなんか変だと思い、確認したところ、
新規でA2サイズで作成したオブジェクトのサイズが!

何てことでしょう。
間違いなくA2で作成したのに、サイズがずれている。

なぜこのような表示になってしまうのかというと、
「編集」→「環境設定」→「一般」→「プレビュー境界線を使用」にチェックが入っているからだったのです。
ここにチェックが入っていると、線幅を含めたそのオブジェクトの一番外側のサイズが表示されるのです!

ある状況では便利な機能でも、
使用する用途によっては、知らないうちに使いづらくしてしまっている可能性があります!

チェックを外すと、私の使用しているいつも通りの表示に戻りました。

(線幅を含まずサイズ表示される)

 

こんな違和感が知らず知らずに作業スピードを落としてしまっているかも知れませんので、
環境設定を理解して見直すと効率化につながるかもしれませんね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)