2021.08.24データの作り方

注文・入稿の前の最終チェック!入稿データの整理

View 1,212

こんにちは。ポスター印刷のプリオ、データチェックを担当しております岡です。

データチェックスタッフはお客様からご入稿いただくデータをご注文内容と照らし合わせてチェックを行っております。

ご入稿データの状態によっては時々ですが、判断に迷う状態でご入稿をいただくことがあります。
この場合、お客様に確認が取れるまではプリオでは作業をストップしております。
お客様としても手間に感じる方がいるかもしれません。

なので、以下に判断が難しい例と良い例をご紹介しますので、是非ご入稿時にお役立てください。

データに仕上がりサイズを明記する

まず、プリオでは仕上がりサイズ毎に注文を行います。
なので複数のサイズや商品を一度にご注文いただいた場合、どのデータがどの仕上がりサイズなのかを明記する事が大切です。
※フォルダー分けする場合はすべてのフォルダーをさらにひとつのフォルダーに格納してzipに圧縮してご入稿くださいませ。

入稿データの中に不要なデータを含めない

データの中に複数面のデザイン面が含まれている事があります。
どの面を印刷して良いか判断出来ないので、1データにつき1デザインをデータ内に収めてください。

ご注文状態とデータを一致させる

お客様にご連絡をしてご確認をしなくてはいけない場合、多くはご注文時に入力してもらった内容と不一致が起きている為です。
なので、ご注文時に記入して貰った内容と同じ状態にしてご入稿ください。

以上入稿時に押さえておきたいポイントでした!

是非ご入稿時にお気を付けくださいませ。