2020.02.01データの作り方

アルミフレーム加工を注文するときは天地を教えてください!

View 484
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポスター・パネル印刷のプリオのデータ担当です。

三角フックが付いていて、展示が簡単なアルミフレーム加工!

展示会や写真展で使用するパネルはもちろん、思い出の写真を印刷したパネルをプレゼント用に作成する際にもフレーム加工をご利用いただいております。

 

データの天地によって、加工の向きが決まります

アルミフレームには掲示用のフックが2カ所ついておりまして

データの向きにあわせて天の位置(上部)にくるように加工しております。

 

01211-01

 

データの向きにあわせて天の位置にフックがくるように加工しているということが重要でございまして

データを頂いた際に、どうしても天地が私どもで判断のできかねる場合、ご確認のご連絡をさせて頂くこととなります。

確認がとれませんとご納期がずれてしまう可能性もございますので

あらかじめデータ内に天地のご指示を頂きます様、ご協力をお願い致します!

 

0121-01

データ内に書くのが難しい場合はご注文の手続き中にある連絡事項欄にご指示を書いていただけましたら必ず確認いたします!


▼関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加