2021.03.16データの作り方

ポスター印刷に不向きなデータは?

View 1,537

こんにちは!ポスター印刷のプリオです。

 

ポスターを作りたいお客様からいただく、様々なデータをチェックしております。

中には大きく印刷するには向いていないデータがあります。

本日は大判印刷には不向きなデータを3種類ご紹介します。

 

Print

何故、大判出力用データとして、向いていないのかは理由をご説明します。

大判出力に向かない理由

【スキャン画像】△

紙に印刷されている書類やチラシをスキャナーでデータ化したものです。

画質は問題無い事が多いのですが、紙に印刷された状態をスキャンするので、印刷されている用紙によっては粗が目立ちます。

また、元の紙の状態やその書類やチラシを印刷するのに使用した元データと比較すると色味の再現度も低いです。

入稿前にプレビューなどで拡大して仕上がりをご確認してからご入稿をお勧めします。

 

%e5%a4%a7%e5%88%a4%e4%b8%8d%e5%90%91%e3%81%8d-02

【インターネット上の画像】×

インターネット上の画像やSNSに上がっている画像を保存したデータです。

インターネット上の画像は、インターネットを快適に閲覧できるように極限まで軽くした状態のデータです。

小さい画面上で見る分には問題無く見えますが、大きく印刷するには画質が悪いです。

【メールやLINEで送られてきた画像】×

携帯に入っているデータの中でもメールやLINEなどのアプリケーションを使用して送られてきたデータは注意が必要です。

アプリケーション内で勝手にデータを画質を落として携帯用に閲覧しやすくしている事があります。

データを転送する際には容量の大きいデータを転送できるサービスをご利用ください。


 

プリオではデータの作成はできませんが

いただいたデータが大判印刷できるかどうかのチェックは行っております。

お気軽にご注文ください!

ご注文はこちら