2020.05.25成井の目 , 社員ブログ

ポスター製造スタッフ【成井の目】新たな日常

View 63

おはようございます。
製造・成井です。

昔聴いた法話からです。

東日本大震災後、長期停電から復旧した人がアップしたツイッターが拡散されていました。

「明るい部屋で、エアコンつけて、youtubeで音楽聞きながら、
 見もしないテレビをつけてる。なんて幸せなんだろう」

失ってはじめてありがたみを知る・・・といわれますが、
停電になって電気の恩恵を強く知らされた人は多かったようです。

手塚治虫が終戦の八月十五日の夜、街に灯がついているのを見てはじめて「平和になったのだ!」
という気分がこみ上げ、踊り狂わんばかりに陽気になった・・・と自伝的マンガに描いていますが、
これも平和が当たり前ではなかったあの時代を生きた人にしかわからない感情でしょう。

大切なものが、大切なものと分からず、
失ってしまったときにはじめて、いかに自分がそのことを支えにしてきたか、
頼りにしてきたか、取り返しのつかないことをしてしまったかを思い知らされます。

いつ何が起きるか分からぬ無常の世の中、
かけがえのない今のご縁を大切に、悔いを残さぬよう、生きていかねばなりません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Mirrazというロックバンドの「Last Meal」という曲に
♪「今日の晩御飯 何にしようか?」と君が言った
 「君は何が食べたい?」と僕は聞いた
  明日も明後日も こんな会話をし続ける
  繰り返し 繰り返し いつまでも いつまでも♪
という歌詞がありますが、時世柄この詩も心に残ります。

平穏な当り前の日々、実は「有り難い」日々・・・・
全く同じような環境に戻るとはチョット考え難いので、
確実に訪れるであろう「新たな日常」を、ポジティブな心持ちで、現状を乗り越えましょう。

今日も毛が無く、否、怪我無く!