2020.02.28今月の1冊

【今月の1冊】心と生き方

View 99

こんにちは!ポスター印刷のプリオ、製造チームのウスイです!

前回に引き続き普段本を読まない私が「推しアイドルをキッカケに本を読んだのでお付き合いください。

稲盛和夫・KCCS実践経営講座
「心と生き方」

述・稲盛和夫
京都セラミック株式会社(現京セラ)を設立し、社長、会長を経て、1997年から名誉会長を務める。
その後KDDIの設立、JALの再建を担う。

 

ちょっと難しそうな見た目してますが、邪なキッカケで読むに至りました!

 

■読もうと思ったキッカケ

「推しが稲盛さんを推していたから」です!

 

昨年からフィロソフィーや盛和塾など、稲盛和夫さん関連に触れる機会が増え、
「読んだほうが良いんだろうな~…」とは思っていたのですが踏み出せずにいました。

 

そんな中、推しているアイドル「稲盛和夫さんの本が僕に1番響きます。」と稲盛さんを紹介。

 

「なるほど読もう!」と思い立ち、数多く本を読んでいる社長に即相談。
読みやすいものをオススメして頂いたので今回の本を購入しました。

 

■読んでみて

今回の本の前に稲盛和夫さんの「生き方」という本も借りて読んだ上で今回の本を読みました。

「思ったより読みやすい」が最初の印象でした。

 

本をここ数年で1冊しか読んだことのなかった活字アレルギーの私なのでハードルが高かったのですが、本文にも記載がある通り、講演会時の喋り口調がそのまま文になっているので個人的に読みやすかったです。

 

「人間、なかなかできないものです。」

「すみませんが、どうしても信じてもらいたいのです」

 

など、色々と取り組むハードルが低く提供されているような感じがして、「なるほど。ちょっとやってみようかな。」と思える事がいくつかありました。

 

日々感謝をしたり、奢らず謙虚でいたり…

 

それが良いことだと知っているはずなのに、実際日々の生活の中では忘れていたことがたくさんあるな。と反省しました。

楽しく仕事ができているのも、楽しく推しを推せているのも、周りの人のおかげだな!と思いました。

 

たくさんたくさん色々な事が書いてありましたが、

「まずはこの本を繰り返し読む」

「毎日反省をしてみる」

この2点は私にもできそうだったので取り組んで見ようと思います!

 

 

■キッカケは邪かもですが…

 

今回の本は自分の仕事や私生活に取り組める事柄が多い上に、

推しアイドルが稲盛さんの本を読んだ上でエンタメに取り組んでいるのを知れて個人的には一石二鳥な本でした!

 

前回も「推し活グッズ」をキッカケにサンリオピューロランドを再建した方の本を読みましたし…

本を読まなかった私ですが「推し」に紐付けるだけで本を読めるようになるとは…

 

ハッピーな感情で読み始められるからこそ本の内容もハッピーに受け取れました!

私にはこういった邪なキッカケが向いているのかもしれません(笑)

 

まだまだ2~3冊しか読んでないのですが、 「本って読んでみると面白いな」と思えるようになってきたので、

また良きキッカケを見つけて本に触れたいと思います!では!