2019.01.21成井の目 , 社員ブログ

ポスター製造スタッフ【成井の目】儲かりまっか?

View 51

おはようございます。
製造・成井です。

幕末から明治期にかけて活躍された、日本の資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一さんが、
貧しい人や、浮浪少年などの世話をする施設である「養育院」をつくったことがあるんです。

そこに収容された人物たちを長年観察していると
渋沢さんは、この人達には一貫した特徴があることに気づいたといいます。
彼らの共通する特徴は、「常に自分の都合だけを考えている」ということでした。

普通、自分だけ良ければいいと思っていたら、自分のことくらいは真っ先に良くなりそうですよね。
でも、自分だけ良ければいいと思っていると、自分すら良くならなかったんです。
自分ひとりすら養っていけなくなっていたわけです。

ここで、渋沢さんは気づいたのです。
自分が存在する意義というのは、自分のためだけにあるのではなく、
社会のため、他人のためにもあると。

うまくいかないのは、「わたしが、わたしが」という
余分な「が」(我)を握りしめていたからだったんです。

僕らは「Alone」(ひとりぼっち)じゃなく、「All one」(すべてひとつ)だったんです。
だから、他人にしてあげることは、自分にしていることとイコールなのです。
投げかけたものが、受け取るものなのです。

「実践!世界一ふざけた夢の叶え方」ひすいこたろう、菅野一勢、柳田厚志
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オーレ書籍棚にある「革命のファンファーレ」(西野亮廣)を読んでいて、
メモ書きしてある渋沢栄一さんの言葉を見つけました。

「事業には信用が第一。世間の信用を得るには、世間を信用すること。
 個人も同じ。自分が相手を疑いながら、自分を信用せよとは虫のいい話だ。
 信用は実に資本であって、商売繁盛の根底である」

まず先に自分から信じて、相手を儲けさせる。
ここでいう「儲けさせる」は、お金だけじゃなくて気分とか満足度なども含みます。

誰かを「儲けさせている人」が、自ずと儲けている気がします。
逆に、自分の取り分とか、自分の利益ばかりを求めた人はあまり儲けていない気がします。

アメリカ・ゴールドラッシュの時に、
金を掘りに行った多くの人たちは、あまり儲けられなかったそうです。

しかし、金を掘りに行く人たちに、作業服や掘る道具など、
その人たちの為に仕事をした人たちは、大金持ちになったといいます。
儲けさせてあげようとした人たちです。

自分が儲けようとしたら儲からなくて、人を儲けさせようとすると儲かってしまう・・・
この法則は、今も昔も西も東も変わらず通ずる普遍的な法則なのでしょう。

大切なことは、人を儲けさせるには自分を常に磨かなければなりません。
つまり、与えること、与えられるものを持つこと。
自身を磨いている人が結果的に儲かっていくのでしょう。

今日も毛が無く、否、怪我無く!