2018.05.28今月の1冊 , 社員ブログ

【今月の1冊】ヘンリー・ダーガー 非現実を生きる

View 381

こんにちはポスター印刷のプリオ製造チームの西です。

私の今月の一冊は「ヘンリー・ダーガー 非現実を生きる/小出由紀子 (著, 編集) 」です。

 ヘンリー・ダーガーとは…誰に見せるわけもなく半世紀以上もの間たった一人で作品を描き続けたおじさん。
死の直前大家さんにより作品が発見さる。持ち物はすべて捨ててくれと頼んでいたもののダーガーの作品は住んでいた部屋ごと(部屋は2000年まで)残されされ、アウトサイダー・アートの代表的な作家として評価されるようになった。

 他人の目とか評価を気にせず、好きなことして生きれたらいいな!なんて日々思っています。
ダーガーの作品作りはある意味それを極めたものかもしれないと思い、改めてダーガーについて知ろうとこの本を読みました。
知れば知るほどダーガーは孤独でかわいそうで、何とも言えない気持ちになりました。
本を読むまでは孤独を好んでいたんだと思っていたのですが、養子を取ろうとしていたり、犬を飼いたがったり(どちらも収入が低すぎて叶いませんでした)していたことを知り
ダーガーの作品作りは本当に「好きなこと」ではなく「生きること」だったんだなと思いました。

 私はダーガーの作品の色使いがとても好きなので、こんなにも孤独な人生なのにこんな鮮やかな色を塗ることができるのか!とびっくりしました。
暗い現実に負けず鮮やかな非現実を描く(物語は残酷さもありますが)ダーガーを、以前よりもっと好きになりました。