2018.01.15成井の目 , 社員ブログ

ポスター製造スタッフ【成井の目】自分さえ・・・

View 66

おはようございます。
製造・成井です。

作業中にユーヤさんと話していて、ふと思い出した
池田晶子さんの講演会からの抜粋で
「自分さえ善ければいい?」というお話です。

今までもそうであったといえばそうですが、残りの人生に諦めがついたぶん、
いよいよ、自分さえ善ければいいんだという気持ちが出てきました。
この意味、皆さんわかりますよね?(笑)

つまり、他人や社会がいかに悪かろうが、ズルかろうが
私一人でも善く生きようという気持ちが強くなってきたんです。

社会や時代が悪いからといって、自分が善く生きることの妨げには全然なりません。
世の中がどんなに悪くても、私一人だけでも善い人間として
善い人生を全うしようという決意を、あらためて確認しましたね。

時代や他人など知ったことか、私さえ善ければいいんだ、と。
言ってること、わかりますよね、勘違いしてませんね。(笑)

でも、誰でもそういう気持ちで生きられると思いますよ、
他人が悪かろうが私は善く生きる、ということです。

世の中の大半が、お金を価値としても、私はお金を価値としない。
私がしたいことだけをする。
つまり「魂として善いこと」だけです。

そういう意味でのしたいことだけをして、残りの人生を生きていきたい。
世の中は関係ない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
世の中がどうであれ、他人がどうであれ、自分自身が「魂として善い」と感じた事を
自分がやりたいように、やりたいことをする。

【自分さえ善ければいい】
世の中も他人の目も関係なく、自分さえ善ければいい!ですね。

今日も毛が無く、否、怪我無く!