2017.12.11成井の目 , 社員ブログ

ポスター製造スタッフ【成井の目】うどん

View 68

おはようございます。
製造・成井です。

「奪い合えば足らぬ 分け合えば余る」とは、
詩人“相田みつを”さんの言葉です。

以下は、天国と地獄の「1メートルの長い箸でうどんを食べる」法話です。

地獄にも天国にも、部屋の真ん中に大きな釜があり、
美味しいうどんが煮えているそうです。

ただし、その食べ方のルールは決まっていて、
1メートルの長い箸で、しかもその端を持って食べなければならないのです。
つまり、釜の大きさも、箸の長さも使い方も、釜を囲んでいる人数も一緒で、
そこにいる人の心だけが違っている・・・

心が違うとどうなのでしょうか?

地獄では、自分でうどんを挟み取り、
自分の口に持って行こうとするが、1メートルの箸なので口まで届かない。
加えて、釜の反対側からはアイツに食われてたまるかと箸が伸びてきて奪い合う。
結果的にうどんが飛び散ってしまい、誰もうどんを口に出来ない。

天国では、みんなで分け合えるように、
自分が箸で掴んだうどんを釜の反対側の人に食べさせてあげる。
今度はあなたがどうぞと、自分が食べさせてもらう。
そうして全ての人がニコニコしながらうどんを食べている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「奪い合えば足らぬ 分け合えば余る」

この世の中でも、天国と地獄は同じことが言えますね。
奪い合っている人の心は、いつも不満を抱えているのでしょう。
反対に、見返りに期待することなく、分け合っている人の心は、
いつも幸福を感じているのでしょうね。

今日も毛が無く、否、怪我無く!