2019.04.01印刷事例

ポップアップストアでパネルを活用!|印刷事例271

View 179
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和40年男_BEAMS JAPAN_プリオ

株式会社ACG様のご利用事例

──今回の施策は、創刊10周年記念「昭和40年男」×「TOKYO CULTUART by BEAMSのコラボの売り場に使用させていただきました。
(株式会社ACG 橋谷様)

 

ご利用・ご協力いただき、誠にありがとうございます。

3月27日(水)~4月14日(日)から、新宿のビームスジャパン4階で展開中のポップアップストアになります。もう見に行かれたという方も多いのではないでしょうか!

橋谷様より、たくさんのお写真をご提供いただきましたのであわせてご覧下さい。


印刷仕様

昭和40年男_プリオ昭和40年男_プリオ

用 紙:光沢紙

サイズ:B1 3枚

加 工:発泡パネル

印 刷:CMYKカラー

ポップアップストア内の様子

昭和40年男_プリオ昭和40年男_プリオ

昭和40年男_プリオ昭和40年男_プリオ

昭和40年男_プリオ昭和40年男_プリオ

私は昭和63年生まれですが、こういうタイプのラジカセ、家にありました!
えんじ色のファミコンも現役です(笑)
昭和40年生まれでなくても、なつかしい~~!とテンションの上がってしまう展示になっています。
レトロ好きはぜひ、新宿のビームス4階へ!

制作のポイント

光沢感+鮮やかさが魅力の光沢紙

光沢紙は写真のデータを中心に、商業施設でのセールやイベントの告知ポスター、社内掲示用のポスターなどにも多くご利用いただいている大人気商品。

レトロ感を表す絶妙な色味もうまく表現されたのではないでしょうか。

照明による反射を抑えたい場合は、ラミネート加工を追加してくださいね。

 

▼光沢紙についてのショートストーリーはこちら…

目を引くB1サイズ

いらすとや_男の子 B1サイズは、1030×728mm

103cmというと、3~4歳の男の子の身長くらいになるでしょうか…

手に持って立つと、身体の半分は隠れるほどの大判サイズです。

ポップアップストアでは、B1サイズを横向きで2枚にわたってお使いいただきました。

展示物の上に掲示されているので、B1ほどの大きさであれば訪れた人も見やすいですよね。

 

『昭和40年男』×『TOKYO CULTUART by BEAMS』ポップアップストア

創刊10周年を迎えた、雑誌『昭和40年男』が、アングラ?「浅草秘密基地」を飛び出して、ついにメジャーグラウンドに登場です!

ビームス ジャパン」(東京・新宿)4Fにおいて、最新号の特集「デジタル大革命」で多くの家電、オーディオ製品のカタログをご提供、執筆してくださった、デザインアンダーグラウンド・松崎順一さんの所有するラジカセをはじめ、『昭和40年男』オリジナルアイテムなどを展示・販売する、創刊10周年企画『昭和40年男展』を開催いたします。

会場となる4Fエリアでは昭和テイストのレトロ風のもの、ジャパニーズクールな食器やグッズに加え、ここでしか買えない、『昭和40年男』の幻のバックナンバーや10周年記念オリジナルグッズなども販売されるので、ぜひお立ち寄りください!

■『昭和40年男』とは

2009年に雑誌「タンデムスタイル」の増刊として初めて登場した『昭和40年男』は「明日への元気と夢を満載!」をテーマに掲げた、年齢限定マガジンという、未だかつてないコンセプトで作られた唯一無二の雑誌です。

「主に」昭和40年生まれの男性に指示され、誰もが驚く(笑)10周年を迎えました。

今年はさらなるパワーアップを目指します! さらに次の10年を見据えた進化の年にするべく飛躍を誓う『昭和40年男』にどうぞご期待ください!

■TOKYO CULTUART by BEAMSとは

2008年、”東京”から生み出されるアート、デザイン、カルチャーを世界に発信していくプロジェクトとしてスタート。”CULT(熱狂)” “CULTURE(文化)” “ART(芸術)”を組み合わせたネーミングのTOKYO CULTUARTでは、アート作品やデザインプロダクツ、関連書籍は勿論のこと、コレクター心をくすぐるフィギュアやソフビなどの限定トイも展開。混沌とした東京らしさを通じて、現代の日本文化を発信します。

  • ポップアップショップ名:創刊10周年企画『昭和40年男展』
  • 開催期間:3月27日(水)~4月14日(日)OPEN:11:00-20:00 定休日:不定休
  • 会場:ビームス ジャパン4F
  • 住所:東京都新宿区新宿3-32-6
  • 情報ページ:https://www.s40otoko.com/archives/55373
  • お問合せ先:株式会社ACG Mail:  info@acgateway.com

ポップアップストアとは

期間限定の店舗で、今までお店がなかったところに突然お店が現れた!
本場アメリカではこのようなニュアンスでポップアップストア(ショップ)と表現するそうですが、
日本では土地があまりないので、百貨店や駅構内の催事スペースに出店されることが多いようです。

・期間限定だから装飾にあまりコストをかけられない
・だけどお客様にしっかりアピールしたい
・装飾の着脱に手間がかからない物がいい
etc…

こんなご意見、まるごとポスター印刷のプリオが解決いたします☆

いつでもお気軽に、ご依頼くださいませ!

 

以上、利用事例のご紹介でした。

展示は4月14日(日)まで!

株式会社ACG様、改めましてご協力誠にありがとうございました!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加