2018.10.23印刷事例 , 店舗看板

新規オープンの店頭バナー:TACO FANATICO様@中目黒 ~印刷事例246~

ちょっとだけ肌寒いこの季節。

コンビニのおでんはおいしいし、外で飲むビールは格別だし、

家の布団はとっても気持ちが良いですよね。

秋、最高です。データ処理チームのtoyoです。

前回に続き、今回も大型バナーの事例紹介です。

 

住宅展示場ではヨコ向きに使用するタイプでしたが、

今回は飲食店のメニューバナーとしてタテ向きに使われました。

デザインもすっきりとしていて、店舗も含めて素敵な仕上がりになっています。

色々と参考になりそうですので、チェックしてみてくださいね。

印刷仕様

 

用 紙:ターポリン

加 工:周囲縫製+ハトメ加工4か所

サイズ:2000×650mm

印 刷:CMYKカラー

お客様からのコメント

19日に中目黒にOPENする”TACO FANATICO“の店頭バナーを発注させていただきました。

すぐに欲しいとのことだったので、プリオさんにお願いしたところ当日仕上がりました

毎度すぐに対応していただき助かっています。

タコス専門店 TACO FANATICO (タコファナティコ)

https://tacofanatico.jp/

TEL: 03-6452-2877

instagram:https://www.instagram.com/tacofanatico/

facebook:https://www.facebook.com/tacofanaticonakameguro/

 

ご依頼者様:株式会社グローバルダイニング様

https://www.global-dining.com/

———-

中目黒駅徒歩2分 タコス専門店『タコ ファナティコ』
オーダーごとに目の前で焼き上げるカラフルなタコスの生地は、
すべてグルテンフリー。具は本場メキシコのオーセンティックなものから、
パストゥールや豚の角煮、エビ天や牛タンなど、種類豊富にご用意しております。
また、約100種類のプレミアムテキーラやメスカルもお手頃な価格で提供いたします。
(サイト紹介分より)

———-

ホームページ、是非ご覧ください!
カラフルでおいしそうなタコスの写真が掲載されています。

『パストゥール』がわからず調べてみましたが、
これはメキシコ定番の味だそうです。タコスといえばパストゥール。
様々な香辛料でマリネにした豚肉を『ドネルケバブ』のように
重ねて大きな塊にし、玉ねぎやパイナップルと一緒にバーナーで焼きつけるのだとか。
文字にしただけで美味しそうです。

ちなみに『メスカル』は、リュウゼツランを主原料としたメキシコのお酒。

こちらのお店で特徴的なのは現金NGの完全キャッシュレス!
大型バナーの下の方に、アイコンイラストとともに書かれていますね。
電子マネーまたはクレジットカードでの利用になります。
お会計がスムーズなのって、嬉しいですよね。

制作のポイント

■屋外用のテント生地「ターポリン」

水濡れしたり、砂埃がついても、サッと拭き取れてしまう優れモノ。

色褪せに強い溶剤インクでの印刷だから、約2年ほどご利用可能です。

屋外で長期利用ならこの用紙がダントツでオススメ!

※布地なので、ラミネート加工はできません。

 

■周囲縫製で更に強度up

縫製という名称ではありますが、四辺を折り込み、

圧着(ウェルダー)加工しての補強だからほつれの心配がありません。(紛らわしくてすみません)

ハトメ加工は何個つけても無料!場所に合わせて必要な個数をご指示くださいね。

※圧着加工なので糸で縫い合わせてはいません。

※最大加工サイズは、短辺1.2m×長辺5mになります。

 

■プリオだからできる短納期!

『すぐに欲しいとのことだったので、

プリオさんにお願いしたところ当日仕上がりました』

数量やサイズ、当日の注文混雑具合にもよりますが

基本的には最短当日店頭お渡しが可能です!

 

プリオは受注業務、データ確認、印刷、加工、全て社内のワンフロアで行っています。

以前は外部へ縫製加工の依頼をしており、そのぶん納期をいただいていましたが

社内に機材を導入したことで短納期が実現されました。

今後もよりパワーアップしていきますので、ご期待くださいね。

 

個人的なお話ですが、グローバルダイニング様が経営される”カフェ ラ・ボエム”、

“モンスーンカフェ”では何度か食事をしたことがあります。

どちらもとにかく雰囲気がよく◎お料理もおいしく◎素敵なお店です!

“タコファナティコ”にも今度行ってみようと思います(*^○^*)

『パストゥール』と『メスカル』を覚えたtoyoでした。

 

周囲縫製を使った利用事例