2018.08.22印刷事例 , 展覧会・写真展

写真展「闇の王展」@ギャラリー・ルデコ~印刷事例その235~

View 459

235回目の事例紹介は、写真展です!

写真展の事例は223回目の『wildlife&lifescape-森呼吸-』以来になります。ちょっと久々!

 

今回ご協力いただいたのは、

Hypertudio代表・カメラマンの末政光昭です。

 

イベント概要・印刷仕様

闇の王 展 2018

https://pasha.style/article/116

 

「闇」をテーマに写真作家達が作品を作り、感性をぶつけ合う写真のイベント「闇の王」展。

今年で5回目を迎え、益々パワーアップする「闇の王」展。

毎回独創性溢れる世界で来場者を引き込む人気の高い写真イベントだ。

(サイト紹介文より引用)

主催者: PASHA STYLE

開催日:8月17日~8月19日

場 所: ギャラリー・ルデコ 東京都 渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル

用 紙:パールフォト紙

加 工:発泡パネル

サイズ:A2、600×500mm

印 刷:CMYK印刷

 

プリオ利用のきっかけ、ご感想をいただきました。

写真展参加の際に、パネル印刷ができる会社を探しており

納期の早さや、品質保証、品揃えの豊富さから、御社の利用を決めました。

私どもは福井県でブライダルを中心にオリジナルでの作品撮りをしています。

instagramアカウント→@hiroaki_suemasa

その他はこちらの紹介文を参照頂ければと思います。

 

カメラマン

Hypertudio代表 末政光昭


合計4枚のパネルを制作し、

2枚は並べて1枚の作品としてご使用いただきました。

↑ こんなかんじ。(クリックで大きく表示されます)

 

制作のポイント

■写真展といえばパールフォト紙

パールフォト紙は世界中のプロの写真家が愛用している

高級写真紙ブランド「イルフォード」の用紙です。

高級写真紙と謳っているだけあって、写真データにピッタリの用紙です。

その名の通り、真珠のような淡い煌めきが高級感を与えます。

光沢紙はハッキリと光を反射するのに対し、

パールフォト紙への反射はやさしく、展示物が見やすくなります。

 

■規格サイズに囚われない”変形サイズ”

ポスター印刷業界でメジャーなのはA規格、B規格と呼ばれるサイズ規格。

ノートやコピー用紙はA4サイズというのをよく耳にするかと思います。

今回は、600×500mmでご注文いただきました。

 

プリオでは”変形サイズ”をお選びいただくことで自由なサイズで制作が可能!

展示面積に指定がある場合はこの”変形サイズ”をフル活用してみてくださいね。

 

また、写真印刷では、よく『L版』『2L』『6切』『4切』なんていいますよね。

プリオではお選びいただくサイズに上記のようなご用意はございませんが、

L版なら89×127mm

2Lなら127×178mm

6切なら203×254mm

4切なら254×305mm

でご注文いただければOKです!

 

関連リンク

■末政光昭様 twitter

https://twitter.com/hiroaki_suemasa

■末政光昭様 instagram

https://www.instagram.com/hiroaki_suemasa/

■写真展主催:PASHA STYLE様 HP

https://pasha.style/

■ギャラリー・ルデコ HP

http://ledeco.net/


この作品展、公募はなんとtwitterで行われたのだとか。

twitterで『#yamiou_pashastyle』と検索すると、公募作品を見ることができます。

また、末政光昭様のインスタグラムアカウントも見所が満載です。

魅力的な世界観が溢れていますので、是非チェックしてみてください!

データ処理のtoyoでした。