2016.09.30利用事例

自立スタンド付パネル印刷 国際交流NGOピースボート様~印刷事例その34~

View 73
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

重要なシーンでもしっかり自立!~お客様の利用事例その34~

今回の利用事例のご紹介は、「国際交流NGOピースボート」様にご協力いただきました。Print

【第92回ピースボート地球一周の船旅】の出航に先立って実施された記者会見と、国連で2015年に決議された【持続可能な開発のための目標(SDGs)】のロゴを船体に入れた除幕式にてプリオのパネルをご利用いただきました。
関連リンク:http://peaceboat.org/15663.html


 ★印刷仕様★ 

用 紙:光沢紙
Printパネル:発砲パネル 自立スタンド有
サイズ:B0サイズ(1030×1456㎜)

船体に入れられた新たなロゴの前で撮られたお写真が、パネルになっております。
自立スタンドが付いているので、大きなパネルでもしっかりと立ちます。
こんな重要な場面でご利用いただけて光栄です!!
———————————————————–

 ★「国際交流NGOピースボート」様からの活動紹介★

【国際交流NGOピースボート】
1983年に設立された非営利の国際交流団体(NGO)です。
地球一周をはじめとする「国際交流の船旅」を企画し、これまでに5万人をこえる参加者
とともに、180以上の港を訪れ民間レベルでのネットワークを築き上げてきました。
貧困や震災で苦しむ地域を訪れ日本からの支援物資を届けるプロジェクトや、カンボジアの
地雷廃絶のためのキャンペーン、自然破壊が進むガラパゴス諸島での植林ボランティア、
ヒロシマ・ナガサキの被爆者と航海をしながら世界中で平和の大切さを伝える活動など
活動分野は多岐にわたります。

 こうした活動を続ける中、2002年には国連の経済社会理事会(ECOSOC)との
特別協議資格を持つNGOとして認定され、現在も平和教育や紛争予防、軍縮、
貧困対策などの分野で活動しています。

【第92回ピースボート地球一周の船旅】は8月18日、
約1000人の参加者を乗せて船は横浜港より出航しました。
105日間、21カ国25寄港地をめぐる船旅では、
米国(ニューヨーク)や、米国との国交を回復したキューバなども訪れ、
11月29日に横浜港に戻ります。
———————————————————–

国際交流NGOピースボート様、お写真をご提供くださりましたご担当者さま、
ご協力頂いたスタッフの皆さまに感謝申し上げます。
ありがとうございました!

ポスター印刷のプリオ データ処理チームのペリ子でした。
(・・・もっと世界を見てみたくなりました!!)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加