2017.08.28成井の目 , 社員ブログ

ポスター製造スタッフ【成井の目】自分? 相手?

View 91

おはようございます。
製造・成井です。

昔に読んだ本からのうろ覚えですが・・・
「人の努力には二種類がある」ということを聞いたことがありますか?

一つは、「自分を高める努力」、
もう一つは、「相手を下げる努力」です。

「自分を高める努力」とは、言葉通り自分自身を成長させることですから、
他人がどうしているか、どう見ているかは関係ありません。

一方、「相手を下げる努力」とは、自分は同じ位置にいながら、
周囲を悪く言ったり、足をひっぱったりすること・・・。

自分自身や周囲の人の生き方を観察していくと、
だいたい、どちらかに分かれることに気がつきます。

人間は本来、常に「成長していたい」とか
「優位性を感じていたい」生き物なのだそうです。

心理学者のアドラーはこれを「優越性の追求」と呼びましたが、
人間は、成長や優越を求めて努力する本能があるようです。

ただ、その努力のベクトルが
「自分を高めるのか」、「相手を下げるのか」・・・・。

ここが大きな分かれ道。
「自分を上げるか、相手を下げるか」
この選択が未来の自身の住む世界を決めるのでしょう。

本来、成長や自己実現とは、
「自分との競争」であり、他人がどうしているか、どう見ているかは関係ありません。

私たちはついつい、周囲に意識が向き過ぎて、「社会が悪い…」「あの人はずるい…」と
他人を下げることにエネルギーを使ってしまうことがあります。
どうせ使うなら、同じエネルギーを自分のステージを上げることに使いたいものですね。

今日も毛が無く、否、怪我無く!