2017.09.18成井の目 , 社員ブログ

ポスター製造スタッフ【成井の目】光と闇

View 98

おはようございます。
製造・成井です。

最近、嫌なこと、苦しいこと、悲しいこと、ありましたか?
「悲しむ人々は、幸いである」と、西洋の偉人はいいました。
そして、東洋の偉人は、
「大きな苦しみのあるところには、大きな喜びがある」と断言しました。

いずれの言葉も、悲しみは教訓であり、
その人を清めてくれるものであるという真理を表しています。

悲しみは人生の終わりではなく、
道に迷った魂を安全で平穏な場所へと導いてくれます。

悲しみの終わりには、喜びと心の安らぎが待っています。
強い信念を持って、真理を探し求めましょう。
断固とした態度で、利己心と激情に立ちむかいましょう。
悲しみの季節は、人生のほんの一時期、あなたに与えられた試練なのです。

自分に属さないものが、自分を襲うことなどけっしてありません。
人生の明るい部分だけが、その人のものなのではありません。
人生の暗い部分もまた、その人のなかにあるものなのです。

「起こること」にはすべて意味がある ジェームズ・アレン
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
現在、良いことだらけで、幸せばかりで、明るい出来事ばかりだと感じる人は、
恐らく過去に深い暗闇を経験している人だと思います。

いつも明るく振る舞って、冗談ばかり言っている人に聞いてみたら分かります。
暗闇があったからこそ、小さな灯さえも気付けて感謝できるのです。

明るい所に居過ぎたら、小さな灯りに気付かず通り過ぎたり、
人の心を踏みにじってしまうかもしれません。
暗闇は、ときに人を優しく強く深くする・・・ということです。

以前行った“相田みつを美術館”にあった「いのちの根」という詩をご紹介します。

涙をこらえて悲しみに耐えるとき
愚痴をいわずに苦しみに耐えるとき
言い訳をしないで黙って批判に耐えるとき
怒りをおさえてじっと屈辱に耐えるとき
あなたの眼の色が深くなり
命の根が深くなる

今日も毛が無く、否、怪我無く!