2018.12.21Adobe Illustrator , データの作り方

【自動チェックシステム】どのデータをチェックしたのか生成されたPDFで確認する方法

View 185
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは!

データ処理チームのペリ子です!

 
Illustratorユーザーの皆さん、プリオのクイックチェックシステムは利用されてますかーーー?
24時間無料で利用できる、入稿データの自動チェックシステムですよ!

  
『入稿データに不備はないかな~』
『急ぎだから、再入稿はヤダな~』

  
こんな不安が激減すること間違いなしです!
Illustratorで作成されたデータが使用できるチェックシステムですので、是非ご利用くださいね!
※クイックチェックシステムの詳しい説明は、下にリンクを貼りますのでそちらでご確認ください。 

 
さて、今回はクイックチェックシステムを通したaiデータ名の確認方法をご紹介します。

クイックチェックシステムを通ると自動でai→PDFになります。

Illustratorで作成されたaiデータがクイックチェックシステムを通過すると、
入稿用のPDFデータが生成されます。

 
▲PDFデータはQCから始まる数字がズラーっと並んだ名前になります。
例:QC12345678901234.pdf
 
このQCから始まる名前のままPDFデータをご入稿頂く流れとなりますが、

 
『データ名が変わっちゃうから、どのデータを入稿したか不安』
『出力指示を出す時に、元データの名前を書いていいのか分からない』
 
こんなご意見をいただきました。
確かに、完璧なデータでも、違うデータを出力してしまったら意味ないですよね!
 
そこで・・・

どのaiデータをチェックしたのか確認する方法

クイックチェックシステムを通して、QCから始まる名前に変わっても、
どのデータをチェックしたのか、確認する方法があるんです。
 
まず、生成されたPDFをAcrobat Readerで開きます。ソフトが入ってたらダブルクリックでOK。
そして、開いたデータのプロパティを見ます。

プロパティをクリックするとプロパティウィンドウが開きます。
 
すると、【概要】の上から二番目にタイトルが!!!
そう。このデータは「とげとげ.ai」という名前だったのです。

これで元が何のデータだったか分かりますね!安心!


QCで始まるPDFデータの元データが分からなくなったら、
是非この方法でご確認ください!
 
ちなみに、こっちのデータがパネル加工用~こっちのデータが2枚出力~等のご指示を出される際は、
『QCから始まる名前でご指示』いただけますと幸いです<(_ _)>

 
今回の内容に限らず、クイックチェックシステムについて
分からない点やうまくいかない!という時はお気軽にお問い合わせくださいね!
 
↓クイックチェックシステムの詳しい使い方はこちらのブログで↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加