2020.01.22Adobe Illustrator , PowerPoint , データの作り方 , プリオの使い方

データ作成用のテンプレートあります!

View 2,809

おはようございますこんにちわこんばんわデータ処理チーム中村です。

今回はプリオのテンプレートを紹介させていただきます。

 

プリオでは変形サイズのご入稿・ご注文も可能なので必ずしもテンプレートを使う必要は無いのですが、

A2サイズやB0サイズなどといった規格サイズの仕上がりをご希望の場合は

テンプレートのご使用をおすすめいたします。

テンプレートはこちらにあります

ご用意しているのはイラストレーター用のものとパワーポイント用のもののみです

データ入稿ページの下の方に注意事項と一緒に並んでいます。

ダウンロードしてご使用ください。

Photoshopでデータを作成する場合

テンプレートのご用意はございません。

フォトショップをご使用の場合、仕上がりサイズ原寸+天地左右2mmずつの塗り足しを設けてご作成ください。

原寸ギリギリで作成されますと、カットした時に紙の余白部分が入ってしまうことがありますのでご注意ください。

カット線は入れないでください!

まれに仕上がりのカット線を実線にして保存されてしまう方がいらっしゃいます。

カット線を印刷してしまうとカット線に沿ってカットしても線の色が仕上がりに残ってしまいます。
ですのでカット線は消して印刷をする必要があります。

ai形式で入稿していただければデータ処理チームでそのカット線を削除して進めることができますが実線で保存されると消すことができません…。

トンボ(トリムマーク)がある場合は仕上がりのカット線は入れなくて大丈夫です!

ガイドで入れていただいた線は印刷されない線ですのでガイド線であれば問題ないですよ!

 

 

本日もご注文をお待ちしております!