2018.09.28印刷豆知識

データ入稿時のポイント(スクリーンショットを一緒に入稿)

View 544
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはデータチェックを担当しております岡です。

プリオでは、「印刷データだけの入稿」でも問題無く出力可能ですが、
仕上がりに不安がある方は「スクリーンショット」と一緒にご入稿される事をお勧めします。

>スクリーンショットって何?

印刷用のデータはプリンターから出力した際に画面で見ている状態と異なる状態で出力される事があります。
また、印刷データを作ったPCと違うPCで開くと、見た目変わる場合もあります。
そんな時に画面に見えている状態を画像データとして一緒に送って貰う(スクリーンショット)事で出力見本として扱う事ができます。

まとめると、
「お客様が見ている印刷データの状態」「印刷会社側で見えている印刷データの状態」を比較して正しく出力できそうかチェックできるという事です。

>スクリーンショットの取り方

まず、印刷データを開いて画面にデータが表示されている状態にします。
以下お使いのPCにより異なります。

Windowsの場合

・Print Screen ボタンを使う

キーボードの上部のF12ボタン右辺りに配置されている事が多いです。
Print Screenボタンを押す→「ペイント」※のソフトを起動→貼り付け→保存でスクリーンショットが完成!
※Windows7以前はスタートメニュー→全てのプログラム→アクセサリ→ペイントの順で開く。
 Windows8以降はスタート画面→全てのアプリ→ペイントの順で開けます。

・Snipping Tool を使用する

Windows7以降のOSに標準搭載されている機能です。
全てのプログラム一覧から「Snipping Tool」を探す。(もしくは検索機能を使って探す)

Snipping Toolを起動→任意の位置をマウスドラッグで選択→画像を保存でスクリーンショットが完成!

 

Macの場合

・shift + command (⌘) + 3のキーを押す。

画面全体がデスクトップ上に画像データとして保存されます。

 

・shift + command (⌘) + 4のキーを押す。

画面の選択した部分だけが画像データとして保存されます。※
※WindowsのSnipping Toolと同じ機能

以上スクリーンショットの撮り方でした。
ご入稿のデータにご心配な点がある方は是非お試しくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加