2017.01.09初めての方へ , 印刷豆知識

印刷の色味の違いを比較してみた!【RGBとCMYK】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはデータチェックを担当しております岡です。

ポスター印刷のプリオではRGB印刷を行っております。
このRGB印刷ですが、お客様のアンケートでは「発色が良かった」などのご好評をいただいております。

じゃあ「全部RGB印刷の方が良いのでは?」と思ってしまいがちですが、お気を付けいただきたい点がございます。

以下に実際に出力してみたデータを参考にしてご説明していきます。

まず、このような、画像を用意しました。

肌色差

これをRGBCMYKで印刷すると以下のようになります。

%e8%89%b2%e5%91%b3%e9%81%95%e3%81%84b

違いが分かりますか?
肌の色と髪の色を比べると分かると思いますが、RGB印刷は全体的に「赤みが強く出る」仕様になっております。
なので、画像のような人の肌に赤みを足したいときには発色が良く出ているように見えます。

ちなみに、今回のデータの肌の色のインク配色は以下の通りです。

”§F·

今回のまとめ

CMYK印刷

・落ち着いた色合い
・彩度は低め

RGB印刷

・鮮やかな色味
・赤みが強めに出る

 

大まかにまとめるとこんな感じです。

RGB印刷をご検討の方は参考になりましたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)