2016.11.01初めての方へ

展示会のポスター・パネル印刷にお勧めの用紙、加工について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます、リップクリームを持っていない日に限ってくちびるが乾燥して、家までガマンしていたらくちびるが真っ赤っ赤、受注チームの佐藤仁です。

日々、お客様からメールやお電話でお問い合わせをいただく中で、
ご利用用途としてとても多いのが「展示会」でのポスター・パネル印刷の掲示です。

・展示会ってどんな飾り方をしているの?
・そもそも展示会ではポスター?パネル?タペストリー?
・展示パネルってみんなどんな紙で印刷しているの?

せっかくの大事な展示会、展示ポスターやパネル印刷で失敗できませんよね!
みなさま、以下の様なご利用方法ですよ★

・パネル印刷にアルミフレーム加工を施せば、上部に2か所フックが付いていますので、ヒモを通して飾れます。
 アルミフレームの色味は「銀」「白」「黒」の3色からお選び下さい。
 展示会のイメージに合わせてフレームの色を変えるなんてオシャレですね♪
 アルミフレーム加工を行わない場合にも、裏面へ両面テープを貼り合わせたり、パネルに直接穴をあけてヒモを通して飾れます。
・多くのお客様がパネル印刷をご利用いただいており、カッチリ見せたい方はアルミフレーム加工を追加いただいています。
 パネル印刷では高い…なんてお客様は、タペストリー印刷で少し印象を変えて展示しています。
 展示品の数が多い方はポスター印刷で1枚1枚の単価を抑えてご利用いただいています。
・展示パネルで最も多くご利用をいただいている紙は「光沢紙」です。
 プリオで取り扱っている素材中、最も発色がよく、お写真を綺麗に見せたい方にお勧めです。
 写真を綺麗に印刷しても、光沢(ツヤ)があるのはちょっと…な方にはUVマットラミネート加工がお勧め。
 光沢紙の色の再現力を活かしながら、表面のツヤを抑えて少し大人な印象で展示可能です。
 もちろん、更にこだわったお写真を展示したい方には最高品質の【パールフォト紙】を是非お試しください。
 光沢紙の印刷ではツヤが…ラミネートをすると値段が…な方は、ん~…マット紙で!!笑
 ※もちろん、マット紙もとってもお勧めなポピュラー、ツヤ無紙です。

いかがでしたか?
ポスター印刷のプリオでは、ここでお勧めした紙や加工以外にも、用途に応じて様々な商品をご用意しております。
ホームページの左側にある「取り扱い商品」の一覧から、気になる商品を押していただくだけで、
スタッフが撮影した動画をご覧いただけます。
紙の種類や加工の種類によって、動画の内容も異なっていますので、是非ぜひお時間を作ってご覧ください!
プリオのご利用を検討いただいているお客様にとっては、大事な時間かと思いますが、損はさせません。

佐藤お勧め動画の「感動のスピード納品!の秘密」も探し出してみてくださいね~★

もちろん!不明点ありましたら、私たち受注チームまでメール・お電話でお問い合わせくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーにコメントする

必須項目は全て入力してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)